青のSP 学校内警察・嶋田隆平 無料動画

ドラマ

この動画を今すぐ

2週間以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
初回2週間無料
見放題配信

青のSP 学校内警察・嶋田隆平 動画を無料視聴できるサイトリンク

この作品は動画配信サービスを提供する
FOD全話視聴可能です!

月額976円(税込)でとにかくお得
初回登録の方は、
無料で2週間お試し視聴できます。

■FODのここがおすすめ

  • 現行作品の見逃しはFODにおまかせ!
  • アニメ作品、海外ドラマ作品も
    FODは強化して揃えています。
  • 毎月合計1,300円相当のPointをゲットできます。
    ポイントを利用して、見放題作品以外も視聴可能
  • 読み放題雑誌はなんと130誌超え
  • 対象漫画は無料で読めます
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

青のSP 学校内警察・嶋田隆平 動画PV&公式YouTube動画

2021年1月12日(火)よる9時スタート!『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』<30秒>

青のSP 学校内警察・嶋田隆平 無料で動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

“校内に警察がいる”という
特殊な設定の中で起こる事件の犯人を
スクールポリスが次々と成敗していく
ストーリーは爽快。

常に冷静沈着で毒舌家の主人公を
藤原竜也が好演。

メインストーリー

学校内に警察官が常駐し、
トラブル対応や予防活動を行う
学校内警察(スクールポリス)制度。

この制度が試験導入される赤嶺中学校に、
志願して配属された嶋田隆平。

表向きは何の変哲もない公立校だが、
彼の配属によってさまざまな問題が
あぶり出されていく。

キャスト・スタッフ

<CAST>

藤原竜也
真木よう子
山田裕貴
泉澤祐希
たくませいこ
渋谷謙人
智順
兒玉宣勝
金沢雅美
音尾琢真

<STAFF>

原作
佐々木充郭
音楽
菅野祐悟
脚本
大石哲也
山岡潤平
小島聡一郎

©カンテレ/ケイファクトリー

ライターの作品コメント

赤嶺中学校には闇があるから元捜査一課のエースであった嶋田が自らスクールポリスとなったとわかっていましたが、盗撮騒動が同姓を愛してしまった所にあった内容とは想像がつかず、更に教師たちのいる職員室の光景では男性教師の個性が強く人数も多いため何かを仕出かすのも男性と思い込んでいた所に、明るく爽やかに話す女性教師の澤田が男子生徒にセクハラをしていた驚愕な展開には唖然となり、事態を知った涼子に対して澤田が証拠は無いため逆に詰め寄り圧を掛ける行動と予想以上の凄さが闇の深さを濃くさせているのが面白く、頼みの綱である嶋田も被害届が必要と動かない姿勢にもビックリながら公務員らしい言葉だなと思いました。解決の手段が無いなと思っていた所でカメラを置いて澤田のセクハラを撮影するという、今回のカメラでの撮影という内容で締め括りに至る脚本の上手さには感動しました。
30代男性

学校に試験的に警官を常駐させる?突飛な設定かと感じますが、今の世の中はハラハラ問題が沢山ある事を考えると、教師の人達が生徒指導できないケースもあるかもしれないですから、あり得ない話しではないと感じながら見ています。しかし、流石に一つの学校でこれだけ事件が立て続けに起きたらマズイでしょう!とは思いますが、そんな見方とは別にドラマのストーリー展開は、軽快で見応えあり素晴らしい内容で満足しています。警察官が、学生を味方につけていることや、教師の人達との対立が面白さを増していて、楽しみな展開です。この学校に隠された秘密も、毎話気になりますし、ストレス発散で辛い麺を食べている時の、真木よう子さんも魅力的で見応えあります。今後に期待のドラマです。
50代男性

嶋田さんが三枝さんに対してこき使っているのがたまらなく好きだなと思いました。後輩に対して遠慮会釈しないところにときめいている自分がいました。不満を零しながら結局は嶋田さんの指示に応えてくれる三枝さんの従順さは最高でした。また、藤原竜也さんと山田裕貴さんなのでお互い顔面偏差値が高すぎて観ているだけでドキドキが止まらなくなりました。壁ドンシーンの時は冗談抜きで心臓が止まるかと思いました。まさに眼福ものでした。無上の喜びをひしひしと感じられて天にも昇るような心地でした。尾崎香澄役で出演している鈴木梨央ちゃんの成長ぶりにとても驚きました。子役時代から演技がずば抜けて上手いとは思っていたけれど、益々上手くなっていて感動しました。そして、いつの間に制服が似合う素敵な女の子になったのかと非常に感慨深い気持ちになりました。
20代女性

マタハラやセクハラ、盗撮、窃盗、ネット上での誹謗中傷など社会で問題となっていることがリアルかつ赤裸々に描かれていて、まさに学校は社会の縮図だなと改めて感じさせられました。特に印象的だったシーンは3話で女子生徒が死んだほうがいいと言ったときに、嶋田が拳銃を向けたシーンです。もちろん見ていて怖さもありましたが、嶋田は命の大切さを伝えたかったんじゃないかなと胸にグッときました。また、話が進むにつれて、転落事故で亡くなった音楽教師が本当は他殺で亡くなったのではないかという真実も明らかにされていくので、本当に他殺なのか、他殺であれば犯人は誰なのか展開が見逃せない、夢中になれる作品だと思います。
20代女性

嶋田はクールで怖いイメージが強かったのですが、話が進むにつれて面白い部分や優しい一面が見えてきたので今後周りとどう関わっていくのか気になっています。また、後輩の三枝とのやりとりは、三枝の返し方から来るものもありますが、クスッと笑う内容が多く、嶋田と三枝が密会するシーンになると今回はどんなことが起こるのか毎回楽しみに観ています。このドラマで取り上げられるテーマは今の世の中でも問題視されているものがほとんどで、学園ドラマの中に盛り込むことでテレビを見ている学生にも危険性を伝えているようで、メッセージ性の強いドラマだと感じています。未だに浅村と嶋田は衝突する場面が多いので、どのタイミングでお互いが歩み寄り、仲良くなるのか、学生や先生達がどう変化していくかなどこれからの展開が楽しみです。
30代女性

たとえ子どもであろうと手加減は一切しない嶋田さんが最高にかっこよくて惚れ惚れしました。徹底的に悪を排除しようとする姿はまさに警察の鏡だなと思いました。日本の警察官全員が嶋田さんみたいな人であって欲しいなと切実に願ってしまいました。犯人を追い詰める時の険しい表情や手錠をかける仕草までもがかっこよかったです。基本的にはかっこいい嶋田さんだけれど、唯一可愛かったのが「俺もなりたかったよ、ライオン」かなと思いました。想像もしていなかった発言に度肝を抜かれたし、ライオンの語調がなんだかキュートでキュンキュンしてしまいました。そして、改めて藤原竜也さんがめちゃくちゃ好きだなと気づかされました。出演者の中で群を抜いて演技が上手いなと思いました。人を引きつける演技とはこういうことを言うのだなと実感しました。
20代女性

学校に警察官が常駐する、という馴染みのない設定が、新しい学園ドラマの魅力を生み出していると思います。親子間や友達同士で、また恋や勉強に関して、悩むことの多い中学生の等身大の姿がよく描かれています。子供たちは反抗的な態度を取ることもありますが、彼らなりの思いがあって行動しており、よほど教師たち大人の方が身勝手な場面も多々あります。そうした皮肉も効かせながら、事件解決を通して子供たちの心を守っているのがドラマの見どころだと思います。また、冷静な判断力としっかりした信念をもったスクールポリスを演じている、藤原竜也さんの格好良さは格別です。彼が謎を追っている、女性教師の事件の真相も気になります。学校にはまだまだ裏がありそうで、ミステリー要素もふんだんに含まれているところに引き込まれていきます。少しずつ明らかになってきた過去の事件はもちろん、嶋田の真の目的がなんなのか、最後まで見届けたいと思います。
20代女性

中学校の中に警察がいるスクールポリス制度、私がイメージしていたよりも厳しい刑事の嶋田隆平に最初は驚きましたが、回を重ねるごとに嶋田が生徒に伝えたい本当の気持ちがわかってきて、嶋田と生徒たちの関係性も変わってきているような気がします。こんなに次から次へと事件がよく起きるなと思う反面、私が知らないだけで実際の中学校でもたくさんの問題を抱えているのかもとも思いました。一生懸命だけど空回りばかりの涼子と嶋田が最近いいコンビになってきていて、そこも私の見どころの一つです。嶋田がなぜこのスクールポリスを志願したのかがとても気になります。小川先生のことが絡んでるいそうですが、まだ謎のままですね。早く真相が知りたいです。
40代女性

スクールポリス嶋田を演じる藤原竜也がクールでかっこいいです。少年係の刑事三枝とのツーショットは本当に映えます。これを学校の体育館の裏でやってくれるのだからたまらないです。ドラマは基本1話完結の事件で進行しますが、その中で「ある女性教師の死をめぐる事件の真相」を嶋田が追っていて、これがどう展開されていくのか楽しみです。毎回起きる事件の真犯人も「本当は教員免許を持っていなかったやさしい教師」だったり、犯人の動機が「恋人をおもうあまりの犯行か」と思いきや、ふられただけの「ストーカー」だったり、毎回どんでん返しが用意されていてとても面白いです。嶋田はクールなのに「子供のころライオンになりたかった」と言っていてなんかかわいらしかったです。
50代女性

藤原竜也さんが好きで見たのですが、とにかく藤原竜也さんがカッコイイです。冷静で洞察力に優れていて優秀な刑事だった嶋田ですが、毒舌で空気を読まず言いたいことをズバズバ言います。しかし、嶋田の言うことはとても的を得ていて見ていてスカッとします。特に好きなシーンは、薬物を同級生に飲ませた女子生徒を取り押さえる場面で大真面目に「ライオンになりたかった」と語り始めたシーンです。場面的にはシリアスで盛り上がる場面なのでしょうが、いきなり飛び出したライオンになりたかった発言のおかげでコントにしか見えなくなってしまいました。すぐに手錠をかけちゃうところとか少しやりすぎな感はありますが、冷酷さは感じられず生徒のことをよく見ています。同性が好きな女子生徒にかけた「おまえみたいなやつはごまんといる」という言葉は嶋田の優しさが感じられてジーンときました。
50代女性

学級崩壊の問題が大きくなっていく中で校内に警察を介入させることは良い悪いはさておき、そのくらい教師だけでは解決できないほどになっているんだと思います。スクールポリスとして赴任してきた嶋田(藤原竜也)はやることは荒っぽいし配慮や忖度をしないけれど、周りをよく見ていて悪だけをシンプルにつぶしていく姿勢は見ていて気持ちいいです。捜査にこき使われる後輩の三枝(山田裕貴)とのやり取りがセリフだけでなく無言の表情だけで威圧する先輩、嶋田を表していて回を増すごとに見ていて楽しいです。乱暴な感じの嶋田に生徒たちは反発していましたが、信念を曲げない態度に少しずつ味方を増やしていくんだろうなと期待しています。まだ学校の秘密も嶋田の過去も詳しくは明かされていないので最後まで視聴しようと思います。
40代女性

警察官が学校に常駐するので、きっと中学校に問題が多く、逮捕者が続出するのではと思いましたが、中学校の現状や日常を丁寧に伝えるドラマです。中学生は、成長の途中なので、犯罪に巻き込まれることもあります。嶋田は犯罪を決して許しませんが、中学生の人格はとても大事にしています。同性を好きになった女生徒が盗撮をしたことには責任を取らせ、同じように悩んでいる人は少なくないと励まします。先生を守るために非難する書き込みをした男子生徒には、それが犯罪を引き起こすこともあると言いながらも、気持ちは分かると伝えます。いじめやセクハラなど、問題は多いですが、嶋田が解決してくれるのを期待しています。音楽教師が亡くなった訳も知りたいです。
60代女性

スクールポリスとは初めて聞きましたが、どうやら海外では取り入れている国もあるようですね。どんな内容になるのかと期待していましたが、思いっきり警官の服を着て校内を歩いているのが凄い映像だと思いました。そして、容赦なく生徒を突き詰めたり逮捕したりする演出が中途半端にやるよりスカッとして凄く良いと思います。盗撮や男子生徒へのセクハラのシーンもかなり過激に撮影していて「やるなら徹底してやろう」という制作側の気概が感じられました。警官と言ったら短髪にしなければいけないはずですが、藤原竜也さんのトレードマークであるあの髪型のまま警官の役を演じているのが良い意味で違和感を醸し出していて凄く楽しんで見ています。
30代男性

藤原と真木のコンビが意外と釣り合っていて面白いドラマです。藤原は安心して観れる演技ですが、真木はちょっとセリフに力がありません。藤原との差がありすぎるためにめだつのかもしれません。真木の魅力は最強の胸です。それも立派なセールスポイントだから、どんどんやってほしいと思います。最初藤原はあまりにも強引で顰蹙を買っているように見えながらも、生徒たちの信頼を勝ち得ていくところは、ヒューマンドラマという側面もあり、とても面白いです。最後まで見逃せないのは、ピアノ教師の死です。生徒が殺したと自白していますが、それが本当なのか、他にものすごい闇がありそうで、それが明らかになっていくのを楽しみにしています。
60代男性

この作品で起こる事件が、現代社会の事件とリンクしているように感じます。一昔前のドラマでは学校で薬物事件が起きたりする作品は、あまり目にしたことがなかったですし、セクハラにしても男性教師が女子生徒になら観たことがあったけれど、女性教師が男子生徒にセクハラをするというのも現代ならではの事件なのではないのかなと思いました。そんな数々の事件を解決していく嶋田が、スマートでかっこいいです。嶋田を演じる藤原竜也さんの警察官の制服姿を見れるだけでも嬉しいですし、犯人を取り抑えたりする時のアクションシーンが毎回素敵です。これから、どんな事件が嶋田を待っているのか。またラストは、どんな展開になっているのかと楽しみな気持ちになります。
30代女性


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました