映像研には手を出すな! 無料動画

ドラマ

この動画を今すぐ

31日以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

映像研には手を出すな! 動画を無料視聴できるサイトリンク

この作品は動画配信サービスを提供する
U-NEXT全話視聴可能です!

U-NEXTのここがおすすめ

  • U-NEXTに初回登録した方は、
    31日間月額料金がかかりません!
  • 初回登録の特典で、
    600円分のPointがゲットできます。
  • 21万タイトルの見放題作品
    を楽しめます。
  • Point利用でレンタル作品も観れます。
  • いつでも解約が可能です。
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

映像研には手を出すな! 動画PV&公式YouTube動画

実写映像初出し!ドラマ『映像研には手を出すな!』TVCM【公式】齋藤飛鳥・山下美月・梅澤美波

映像研には手を出すな! 無料で動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

劇場版へと続く、3人娘の出会いと
映像研の誕生ストーリーが展開。

極度の人見知りや
カリスマ読者モデルといった
個性強めな女子高生役を
乃木坂46のメンバーが好演。

メインストーリー

浅草みどりは、アニメが好きで
人並み外れた想像力があるのだが、
極度の人見知り。

浅草の中学からの同級生
金森さやかは長身で美脚、
金儲けに異常な執着を見せるタイプだ。

2人は入学した芝浜高校で、
カリスマ読者モデルの水崎ツバメと出会い…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(浅草みどり)
齋藤飛鳥
(水崎ツバメ)
山下美月
(金森さやか)
梅澤美波
(道頓堀透)
小西桜子
(さかき・ソワンデ)
グレイス・エマ
(阿島九)
福本莉子
(王俊也)
松崎亮
(外野部)
海老沢七海
(外野部)
鈴木武
(外野部)
BT

<STAFF>

監督
英勉
長野晋也
原作
大童澄瞳
音楽
佐藤望
脚本
高野水登
英勉

©2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 ©2016 大童澄瞳/小学館

ライターの作品コメント

眼福とはまさにこのことだと瞬時に悟りました。この美少女たちをキャスティングしてくれた方には足を向けて寝られないと思いました。中でも齋藤飛鳥さんによって私のハートは射抜かれました。あまりにも可愛いから頭のてっぺんから足の爪先に至るまで舐め回すようにして眺めてしまいました。画面越しでも齋藤飛鳥さんと目が合うだけで心臓が早鐘を打って体温がみるみる上昇するのを感じました。正直なところ、原作との相違に最初は違和感を覚えてしまいましたが、なんと言ってもあの可愛さにすっかり惹かれてしまったがために細かいことなんて気にならなくなりました。可愛いだけでなく演技も上手くて感動しました。アイドルが無理やりやらされたお遊戯感ある演技とかではなく、1人の女優としてしっかり演じているのが好ましいなと思いました。
20代女性

原作となる漫画は全く知らず、以前に放送されていたアニメからこの作品に入りました。そして、アニメで作品の面白さは分かっていたため、ドラマ版にも期待していました。ただ、軸となる3人を演じるのが乃木坂のメンバーであることがかなり心配でした。なぜなら、俳優としての彼女達の実力があまりにも未知数だったためです。しかし、その心配は杞憂に終わりました。特に浅草を演じた齋藤飛鳥さんは、本当に素晴らしかったです。普段ファン達に見せているアイドルとしての姿は完全に消し去り、浅草の役柄の方に自らを合わせていました。その姿は、乃木坂46を知らない人達であれば同一人物だと分からないだろうと思うほどです。齋藤さんをはじめとする3人の頑張りによって、ドラマ版は期待以上の作品になったと思います。
40代男性

コミュニケーションが取れないみどりが唯一話せる友達のさやかと、アニメーション担当のツバメと共に映像研の部活を新しく作るところがおもしろいドラマでした。とにかく好奇心旺盛なみどりとツバメなので、部室が遠く離れて古びた場所でも嬉しそうにはしゃいで、2人がはしゃいでるのをやめさせるさやかのコンビネーションが最高におもしろかったです。また、みどりはアニメを制作しながら妄想に走ると宙に浮いたり、戦闘機に乗っていたりする映像が流れるのも見どころでした。3人が楽しそうにアニメーションを作って行く姿を見ていると、どうか映像研が生徒会に認められますようにと願いながら見てしまうドラマになっています。3人の頑張りが救われる日が来るのか、ラストまで見どころ満載のドラマでした。
20代女性

この作品は原作は未読ですが、アニメで観ていた作品だったので、アニメで面白い演出になっていたところは実写ではどのように表現するのか興味がありました。本作はアニメ制作に魅力を感じた女子高生三人の青春を描いた作品ですが、齋藤飛鳥演じる主人王の浅草みどりはアニメーター志望ではなく設定画を描くのが好きな少女。彼女の脳内にあるイメージをアニメでは摩訶不思議な表現で演出していましたが、ドラマでも現実と空想の線引きが曖昧な感じで上手く表現しており、凝った演出のように感じました。金森さやかと水崎ツバメはアニメもドラマもキャラクター性にさほど差異は感じられませんでしたが、主人公の浅草みどりは齋藤飛鳥の持つ可愛らしさを存分に活かしており、気弱な感じでアニメとは違う魅力を感じました。アニメはアニメの、ドラマはドラマの良さがあり、どちらも素敵な作品だったと思います。
40代女性

人気漫画のドラマ化『映像研究には手を出すな!』。齋藤飛鳥さん、梅澤美波さん、山下美月さんの3人娘が入学した高校で意気投合しアニメ制作をするのですが、3人それぞれが個性的でやりとりが面白かったです。また3人の学校の部活動自体がカオスなのも驚きでした。部活動と研究会を併せて400を超えてるってもはやカオスです。しかも部活動や学生組織を束ねている生徒会の面々もいて不思議な世界観がありました。野球部が内野部と外野部に分裂したりしたときはもはや呆れちゃいました。三人娘の中では梅澤美波さん演じるさやかがモデルのように長身で美脚なのに異常に金儲けに執着するあたりが笑えました。チームの中でそういう計算が出来る人がいるのは大事ですがあの可愛さでそれを言われるとギャップがあって面白いですよね。アニメオタクたちの裏側も垣間見れて興味深い作品でした。
40代女性

原作マンガやアニメは観てはいなく、乃木坂46のメンバーが出演するという理由で見始めました。まずドラマの中での齋藤飛鳥さんがとても可愛くてやられてしまいました。個人的にバラエティや他の番組では、どちらかというとクールで少しツンツンしている印象でしたが、作中では「根暗で極度の人見知りで時折江戸っ子の様な口調になる」という独特すぎるキャラクターでしたが、オドオドしながら消え入りそうな声で話したりと不器用な女の子を演じる齋藤飛鳥さんが普段のキャラクターと全く違うのでそれだけでも観る価値があります。もちろん同じく乃木坂46のメンバーで出演している梅澤美波さんと山下美月さんも普段とは異なるキャラクターでとても魅力的でした。肝心のドラマの内容も3人の女子高生を中心としたコメディタッチの内容で、正直あまり期待はしていませんでしたが、乃木坂46のメンバーだからこそできる掛け合いや作内で彼女たちが作る映像の描写はとても素晴らしく、イチドラマ作品としても満足度の高い作品でした。
30代男性

面白かったです。最初思っていた内容とは少し違っていて独特な世界観がありました。ストーリー性もあり世界観とストーリーがうまく噛み合っていて癖が強いにも関わらず不快になりません。また映像もとても綺麗です。味が凄くて出ていてそれだけで魅力的でした。また笑えるシーンもあり楽しめます。明るい気持ちで見れるのはとても見やすくてよかったです。しかし笑えるだけでなく努力する姿に頑張ろうと思う気持ちにもなれます。そんな風に作品に集中できたのも演技が上手いからです。齋藤飛鳥さんの演技を初めて拝見しましたが可愛いだけでなく演技が上手くてびっくりしました。普段のイメージとは違って新しい可愛さがあったのでそこも面白かったです。
20代男性

浅草みどりを演じた斎藤飛鳥さんが、イメージにとても近いどこか不思議でぶっ飛んでいる女の子を好演していたなあと思いました。3人の活動場所になるところもアニメと変わりないくらいよくできていて、とてもよかったです。生徒会での緊迫した雰囲気は独特で、その中でもソワンデが特に存在感があり、強烈な印象がありました。アイドルとして活躍する人達が、そのイメージとは全然違う感じで、物語の中の登場人物としてすっかり馴染んでいて、すごいなあと思いました。それにしても、このドラマに登場する高校は、本当に独特で、こんなに部活動をすることが大変なのかというくらい、審査がシビアで驚きました。そのせいか、部活動の活動許可が下りた時の、みんなの喜びようもリアクションが大きくて驚きました。
40代女性

アニメが好きで、アニメを作りたい浅草氏、美脚でするどいツッコミの金森氏、モデルでアニメオタクな水崎氏、3人の個性が存分に溢れている映像研が予想以上にオタクを極めてて感心しました。追われる水崎氏に対してGHQ妄想までしてしまったり、浅草氏の妄想が斜め上を行く妄想で理解に苦しみましたが、浅草氏本人はとても楽しそうなのが平和だなと感じました。映像研の予算審議で、普段は人見知りで金森氏の陰に隠れてばかりだった浅草氏が、聞いてて我慢できなくなったのか、溢れんばかりの感情を露にして「私たちのアニメをかつもくして見よ!」と訴えるのは、こみあげるアツさが感じられてカッコよかったです。アニメに対する情熱を強く感じました。
30代女性

乃木坂46の3人が出演することで始まる前から話題で期待感はありました。しかし、漫画を実写化するということでどうなんだろうかという不安もありました。実際に観てみると乃木坂46の齋藤飛鳥さん、山下美月さん、梅澤美波さんの演技力がすごくて驚きました。特に齋藤さん演じる、浅草みどりは個性的なキャラクターで、言動や行動が不思議です。それをしっかりと振り切って演じていたのですばらしいなと思いました。また、アニメが出来るまでの過程を知れるので新たな発見もありました。CGを使って世界観を崩さずに作られていたドラマだったので、漫画から入った方も新しい目線で楽しんで観られるのではないかなと感じました。漫画を読んだことがない人ももちろん楽しめる作品です。
20代女性

実写ドラマ「映像研には手を出すな!」を見て、「三人の関係性」と「アニメへの深い愛」が良かったと思いました。まず、三人の関係性についてです。このドラマでは、同じ高校で出会った三人の女子高生たちの様子が描かれます。三人は、人と話すことが極端に苦手だったり、お金が大好きだったりと、それぞれ不思議な個性を持っていますが、アニメが好きという共通点でまとまっていきます。性格はバラバラなのに団結を深めていく三人に、面白さを感じながら観ていました。次に、アニメへの深い愛についてです。三人は、アニメの魅力を広めるために、好きなアニメについて語り合います。アニメを語る時に見せる、普段とは違ったそれぞれのアニメ好きとしての姿に、新鮮さを感じました。
20代女性

乃木坂46の齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月の3人が出ている作品(主役は齋藤飛鳥)で、いい味を出しているのは断然梅澤美波ちゃんだと思います。彼女はバラエティ番組では清楚系のイメージの子なのですが、このドラマではドSキャラの設定になっていて、同好会発足のために齋藤飛鳥ちゃんと山下美月ちゃんに大声を出してハッパをかけるシーンなどは迫力満載です。彼女は背が高いのでこういう役もピッタリだなと思ってしまいます。また、齋藤飛鳥、山下美月の2人はマイペースの女の子の役で登場していて、特に齋藤飛鳥ちゃんの天然ぶり(漫画を描く才能は凄い子という設定)にも笑ってしまいます。3人とも美女なので、何度見ても飽きない作品です。
50代男性

映像研のメンバーのキャラクター設定がおもしろく、その設定にぜひ注目して観たい作品です。浅草は想像力がとても豊かなのですが、人見知りというのにはびっくりしました。彼女の人見知りは極度のものでした。私は自分から人を誘うタイプでなく、あまり人付き合いが得意でないため浅草には親しみが湧きました。金森はスタイル抜群の美人です。それに加え、お金儲けにはかなりの執着があるところには笑いました。作中でお金のことを考える金森は必見です。カリスマ読者モデルの水崎はおしゃれ好きかと思いきや実はアニメ好きで、見た目とのギャップがすごかったです。メンバーそれぞれのキャラクターをよく観察すると、よりストーリーを楽しめると思いました。
30代女性

乃木坂46の3人のお芝居がすごくよかったなと思いました。齋藤飛鳥さんの普段とは全く違う話し方がすごく癖になりました。主人公の3人がアニメを作るために毎回奮闘するのがコミカルな要素も入っていてすごくおもしろかったです。浅草がいろいろなものを創造するシーンが壮大ですごいなと思いました。浅草の自由な行動力とそれに乗っかるツバメがいいキャラをしているなと思いました。自由な二人を何とかまとめようとする金森が面白かったです。普通の高校ではありえない生徒会の権力の強さも独特な世界観だなと思いました。生徒会の一人一人のキャラが濃くて面白かったです。最終回での映像研の三人が作ったアニメと浅草がみんなの前で話すシーンがすごく感動しました。
20代女性

アニメが面白くてアニメから入った者からすれば実写はどうかなと思いましたが、とてもよかったと思います。統廃合に左右されながら、アニメ製作のために奮闘するストーリー。ドラマ版は見ていませんが、配役は良いと思いました。キャストは、浜辺美波など豪華女優陣から、福本莉子など最近のホープまで多彩で、そのなかでも、乃木坂の3人がいい味を出して演じていました。乃木坂ファンではないですが、とても演技に引き込まれたので、また彼女たちの出演作を見たいと思いました。主演の齋藤さんについてはほとんど知りませんでしたが、浅草をあそこまで表現できた演技力は素晴らしいと思いました。続編も匂わせたので次回作が楽しみです。
30代男性

私はこの作品はアニメから入ったけれどアニメの段階で個性的なキャラクターだらけだったので、実写になると知った時には正直いって大丈夫なのか?といろんな意味で不安にもなりました。しかも、アイドル中のアイドルである乃木坂46のメンバー3人がメインの役どころだし、すっごく控えめな感じに見える齋藤飛鳥が主人公の奇想天外で生態が知れないようなキャラクターを演じるというのはさすがに無理があるのでは?と思ったけれど、そんな不安もドラマが始まったら一気になくなってしまうほど、いい意味で期待を裏切られました。オドオドした感じはアニメのキャラクターそのもので、早口でぶわーっと急にエネルギー全開になるところとかは観ていて気持ちがいいです。
30代女性

先にアニメを観ていたので、あの浅草氏たちが考える空想の世界をどう再現するのかにとても注目していましたが、思っていた以上にアニメに程近く再現されているのは嬉しく思いました。締め切りが差し迫っているのにも関わらず、いつまで経っても作業に取り掛からない浅草氏と水崎氏を見兼ねて、金森氏が某有名アニメを模していこうと、次々とそれっぽいワードを出していくと、慌てて止めに入る浅草氏たちとのやりとりが面白かったです。浅草氏の設定に対する熱い気持ちを早口で述べる部分、金森氏の少し威圧的な振る舞い、水崎氏のスターでありながらアニメーションに対する情熱、他の部活の生徒や執行部もアニメ版をそのまま持ってきたかのようで、とても良かったです。
30代女性

原作も知らず何の知識もない状態で見たので、最初は齋藤飛鳥さん演じる浅草みどりのアニメ好きで極度の人見知りでかなり独特なキャラクターが衝撃的でしたが、見ていくうちに話し方など普段と全く違う様子が可愛らしくて、どんどんクセになっていきました。梅澤美波さん演じる金森さやかと山下美月さん演じる水崎ツバメと3人でアニメ制作をしていく様子は新鮮で、アニメを融合したような映像に驚きました。かみあっているような全くかみあっていないような不思議なやり取りが面白く、見ていて癒されるシーンがたくさんありました。最初は3人でいる姿がデコボコに感じましたが、ストーリーが進んでいくうちに3ショットが自然に感じ、絆が強まっていく様子が伝わり良かったです。
30代女性

アニメ原作は見たことがなく、前知識ゼロの状態で見始めたが話しの面白さ、キャストの演技力にとてもひかれた。乃木坂の三人のキャラがそれぞれ個性的であり、普段のテレビバラエティーではあまり見ることのできない姿であったため、とても新鮮なドラマであった。齋藤飛鳥演じる浅草氏の言葉遣いの面白さ、人見知りが故のおどおどした態度、山下美月演じる水崎の天然で、浅草氏に同調しておかしなことをする感じ、梅澤美波演じる金森がプロデューサーとして二人に厳しく接し突っ込んでいく、という三人の関係性が様々なパターンのコントを見ているようで非常に面白かった。また、この三人と生徒会との対決もまた種類の違うコントにも見え、ハラハラドキドキと笑いを堪能することのできる作品である。
20代男性

乃木坂46が好きなのでそれをきっかけに見た作品。アイドルの乃木坂は好きだが演技ってなったらどうなんだろうと思っていたが、想像以上に演技が上手で驚いた。原作も少し見たことがあったので原作のイメージもあったが大きくイメージと違うという印象ではなかった。実写とアニメの融合ということで世界が現実的に描かれているように感じた。早口の台詞回しがあったりストーリーの内容も展開がどんどん進んでいくなどテンポの良いものだったので飽きずに一気に見てしまった。色々な部活が生徒会と戦っている姿は、自分も学生時代の部活で似たようなことがあったなぁと青春時代を思い出した。想像していたよりも面白いと感じた作品だったので映画の方も見てみたいと興味が湧いた。
30代女性


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました