ウチの娘は彼氏が出来ない 無料動画

ドラマ

この動画を今すぐ

14日間以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信

ウチの娘は彼氏が出来ない 動画を無料視聴できるサイトリンク

この作品は
動画配信サービスを提供する
Hulu全話視聴可能です!

■Huluのここがおすすめ

  • 国内外の人気作品
    ドラマ、アニメ、映画等
    トータル7万タイトル以上視聴可能
  • Hulu独占のオリジナル作品
    が観れます
  • ライブ配信も充実してます
    音楽ライブ、スポーツ中継等、
    今旬コンテンツが楽しめます!
  • ネット接続環境に合わせた、
    自動の画質配信調整!
  • 驚きの高画質を様々な
    デバイスで再現します。
    (パソコン、スマホ、タブレット)
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
×31日間無料
月額2,189円(税込)
×初回2週間無料
月額976円(税込)

ウチの娘は彼氏が出来ないドラマ PV&公式YouTube動画

【ウチカレ】大好きな母(菅野美穂)の娘じゃない!?娘(浜辺美波)が助けを求めたのは光(岡田健史)…!第6話前に予習しましょう♪/日テレドラマ公式

ウチの娘は彼氏が出来ない 無料で動画を見る前に詳細情報を確認!

メインストーリー

菅野美穂主演、北川悦吏子が脚本を手掛ける
“エキサイティング・ラブストーリー”。

菅野演じる水無瀬碧は、“恋愛小説の女王”であり、
世間知らずのシングルマザー。

そんな碧は、しっかり者のオタク娘に
彼氏ができないことを心配していた。

ある日、二人はある理由から
「恋をしよう!」と決意。

“トモダチ母娘”が恋に奮闘する姿を描く。

ライターの作品コメント

第4話の感想です。オープニングで水無瀬親子がまるで漫才のような面白い掛け合いをしていたので開始早々からかなり笑わせて貰い、中でも娘にさんざん突っ込まれている碧の姿を見るのが面白くて仕方がありませんでした。回を重ねる度にこの2人はまるで本物の親子と言っても差し支えないほどの仲の良さを感じます。一方の小田家の親子もこちらも本当の親子かと思えるほど息も合っていますし、父の俊一郎さんがひょうきんで柔軟性があり若々しい感性の持ち主なので、こういう年の重ね方ができたらいいなと思わせてくれますし、俊一郎さんには毎話1度は必ず笑わせて貰うのですが、4話でも以前俊一郎さんにハグをお願いした若い女性が再び店を訪れた時に俊一郎さんが嬉しそうに鼻の下を伸ばしているシーンには思わずクスッとなりました。50代男性


“このドラマでは、浜辺美波ちゃんの新しい一面を見ることが出来たのが良かったです。恋愛に興味のないオタクで、コスプレのシーンもあればまさかの付け鼻毛を付けるシーンおもあり、よくもここまでやってくれるなぁとビックリしました。結局、変なコスプレをしていても付け鼻毛を付けていても可愛かったです。また、母親役の菅野美穂さんとのテンポのいいコミカルな会話も大好きです!こんな母親と娘がいたら最高だなと思えるような仲の良さで、何でも言い合える関係っていいな~と思いながら見ています。部屋のインテリアも凄く素敵で、碧の部屋が一番好きです。雲の上にいるようなデザインで、あの大きなベッドで母娘でじゃれ合ってるのを見ると心がホッコリとします。
30代女性”


至高の脚本家・北川悦吏子さんの作品ですので、1話から欠かさず観ています。1話目から言葉の洪水と独特の口調についていくのが必死ですが、4話ともなるとそれが心地よく感じます。今回は作家としての苦悩とクリエーターやそれに関わる人がどれだけ作品を大事に思っているか、というストーリーに北川先生やそれを取り巻く人々の思いと重なっているのでは?ということがいつも以上に伝わる内容に心を打たれました。『今をときめく作家』の時代から歳を重ねた自分が、鮮度を落とさずに長い年月に渡り今の時代をキャッチし、今の言葉を取り入れながらクリエイティブなことを続けていく大変さを暗さもなく、テンポ良く進んでいく展開と『胸のところがぐるぐるする』内容に『老い』を意識し始めた私にはぐさっと刺さります。改めて北川悦吏子先生って最高だな!と思いました。これからのかーちゃんの恋愛と空の才能の開花が楽しみで仕方ありません。とにかく、登場人物みんなが幸せであってほしいと思います。50代女性


脚本の北川悦吏子さんで好きなのでワクワク感でいっぱいでした、今回は母と娘の恋愛ストーリーが描かれていて初回からやっぱり面白くて期待通りです。菅野美穂と浜辺美波のかわいい2人の親子共演にどんな感じになるのか想像ができなかったが、天然の母としっかり者のオタクキャラもそれぞれがハマっていて、母娘の演技シーンはほんわかしてほんと好きなシーンです。1話での碧の空への愛情や空が母を察する想いにとても共感してこみ上げてくるものがありました。なかでも、陰キャラで愛想のない空だけど、”~じゃないか”だったり”かーちゃん”と呼ぶセリフが可愛くて心地がいいです。あと、光から貰った透明なガラス玉に映る逆さまの夜景の演出が印象的で2人の関係にも注目してます。50代女性


母の碧さんは恋愛小説家としてカムバックするべくネタ探しも兼ねて、貪欲に恋を探しながらも、渉先生は娘に譲り、ゴンちゃんは見合い結婚が決まり、人気バンドマンは空振りと、毎回ちょっぴり傷ついてはまた次へと、ホント前向き!でも水無瀬碧先生は、そのバンドマンも、娘の同級生の光も、担当編集者の漱石も、若い男性達はみんなファンで、落ち目に見えても人気あるんですよね。で、ついにというか、いきなり漱石と恋に落ちる兆しになって続きが気になります!一方で、娘の空はオタクで腐女子だったはずが、「忘れてはいけない人がいる」と小学生の頃の想い出を大切にしている整体師・渉先生に、一途な想いでアタックしたら、ようやく本当のデートができそう!でもオタク仲間の光の気持ちにも気づいてあげて欲しいな。50代女性

本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はHulu
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました