監察医 朝顔 2020 無料動画

ドラマ

この動画を今すぐ

2週間以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
初回2週間無料
見放題配信

監察医 朝顔 2020 動画を無料視聴できるサイトリンク

この作品は動画配信サービスを提供する
FOD全話視聴可能です!

月額976円(税込)でとにかくお得
初回登録の方は、
無料で2週間お試し視聴できます。

■FODのここがおすすめ

  • 現行作品の見逃しはFODにおまかせ!
  • アニメ作品、海外ドラマ作品も
    FODは強化して揃えています。
  • 毎月合計1,300円相当のPointをゲットできます。
    ポイントを利用して、見放題作品以外も視聴可能
  • 読み放題雑誌はなんと130誌超え
  • 対象漫画は無料で読めます
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
×31日間無料
月額2,189円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

監察医 朝顔 2020 無料で動画を見る前に詳細情報を確認!

メインストーリー

2019年に上野樹里主演で放送された
ドラマの続編。

法医学者の万木朝顔(上野)と、
父で刑事の万木平(時任三郎)が
遺体の謎を解き明かし、
遺体から見つけた“生きた証”が
生きている人の心も救う
ヒューマンドラマ。

また、朝顔が夫・桑原真也(風間俊介)と
娘のつぐみ(加藤柚凪)と共に、
母を亡くした悲しみを
乗り越えていく姿を描く。

キャスト・スタッフ

<CAST>

上野樹里
時任三郎
風間俊介
志田未来
中尾明慶
森本慎太郎
藤原季節
斉藤陽一郎
坂ノ上茜
田川隼嗣
宮本茉由
辰巳雄大
加藤柚凪
戸次重幸
平岩紙
三宅弘城
杉本哲太
板尾創路
山口智子
柄本明

ライターの作品コメント

若かりし頃の朝顔のストーリーも描かれていて新人法医の頃の初々しい朝顔も見ることができて新鮮だった。助手として始めて立ち合った解剖でも新人ながら鋭い観察力で死の謎を解いていくのが流石だと思いました。朝顔と桑原さんの馴れ初めや妊娠中の二人の幸せそうな姿には心を和ませてもらいました。両親学級での桑原さんの赤ちゃん言葉には思わず笑ってしまいました。妊娠中でも事件にしっかり向き合って仕事をこなしている朝顔にはもう尊敬の言葉しか出ませんでした。女性が活躍している姿は本当に素晴らしいなと感じました。つぐみちゃんの出産シーンも自分の子でもないのに安心と感動に包まれました。出産後すぐに病室に行かなかった朝顔の父をみて、夫婦の時間を大切にという思いが伝わってきました。最後の父の電話での朝顔と妻を間違っているところが不安でこの先どうなるのかと怖い終わり方でした。20代女性


“働く女性が主人公のドラマですが、職場での様子だけではなく家庭での様子もきちんと描かれていて、よりリアルな働く女性像を映し出しています。ドラマですが、いかにもドラマ風な奇をてらった台詞ではなく、私達が日常的に使っている言葉がそのまま台詞になっているのでよりリアリティがあります。特に心に残ったシーンは朝顔の父親の平が東北へ出発する前に朝顔と昼食の素?を食べるシーンです。特に別れの言葉だとか思い出話に花が咲くということなく淡々と素?を食べるシーンなのですが、ポツッポツと交わされる何気ない会話がとても自然で、それでいて親子ならではの空気感が感じられてとても良かったです。分かりやすい台詞なしにこのような空気感を出せるのは上野樹里さんと時任三郎さんの演技力の賜物です。バックに流れた折坂悠太さんが歌う主題歌も場の空気感にマッチしていて非常に効果的でした。
50代女性”


前作から見ているのでつぐみの成長を見るのが楽しみです。ちょっとませたことを言ったり、子供なのに親を案じたりする様子が微笑ましくまた涙を誘われます。家族の何気ない日常を大事に伝えるこのドラマは万木家のインテリア一つもごく普通の家庭の雰囲気で親しみを覚えます。喜ばしいことだけでなく祖父の入院、真也の異動や平の認知症を思わせる症状など心配なことも起きてきます。法医学教室では茶子が辞めるなど変化がありますが、光子の成長や新しいメンバーの加入などあり、野毛山署には真也の姉・忍が加入するなど新たな風も吹いています。毎回解剖を通して今の社会を感じる出来事が描かれるのも見ごたえのあるドラマとなる要素の一つでしょう。60代女性


朝顔たち家族にまた会うことが出来てとても嬉しいです。つぐみちゃんも大きくなり色んなことを考え行動するようになっていた場面は自分のこどもの成長を見ているように心にグッとくるものがありました。桑原くんの単身赴任によって朝顔が自分一人で様々な問題を解決しようとしてしまうところは共感できるものがあり、一緒に悩んだり迷ったりしている気分になりました。また、お父さんの認知面の機能低下に直面し誰にも相談できずにいる朝顔や物忘れの自覚があってもそれを認知したくないお父さんの気持ちをとても巧妙に表現していて、これからの自分の人生に起こり得ることでもあるということを思いながらお互いにどう解決していくのか、どう表現していくのかを最後まで見ていきたいと思いました。30代女性


“癒しを与えてくれる朝顔の一家という些細な日常風景がシーズン2になってからは、元気一杯だった浩之が病の進行で体だけでなく心まで弱くなっていく様子が辛く、行方知れずの里子を語る時の寂しげな言葉にはこちらも悲しくなってしまいます。浩之の病状が一番心配ですが、平の記憶力の低下の早さが尋常ではなく、もしかすると警察を早期退職退職した本当の理由は認知症の初期段階が始まっていたからではと想像してしまい、浩之よりも平の状態が悪くなるのではと不安感しか浮かびません。朝顔自身も仕事で重責を担うようになってストレスが溜まっていて、その朝顔の状況を幼いつぐみが気付けるように成長していた事にビックリで、夫の桑原は警察官に拘りがあった言葉を話していたものの一番大切であるのは家族と考えて朝顔とつぐみの側にいるとハッキリと言葉で伝えた行動は素晴らしく、頼りなかった桑原が本当の家長となったのだなと感じられ、世代交代が進む様子も描いている気がしています。
30代男性”


“朝顔の家族の話も増えてきていて、家族の温かさを痛感することも多いです。特に前回のつぐみちゃんが行方不明になってしまうお話は、何故つぐみちゃんが両親との約束を破って、勝手に外に出てしまったのか、というのも元々は朝顔のことを気遣って行った行動だということが分かりました。子供心ながら、心配をしているからこそなんだと思いました。また朝顔の仕事のほうでもトンネル事故で誰も亡くならなかったということが分かって、法医学教室のスタッフの出番がないということはとてもよいことなんだ、と思いました。悲しい事件や事故もあるけど、その原因を知るととても切なくなったり、悲しい気持ちになることがあります。色々考えるきっかけを与えてくれる作品です。
30代女性”


とにかくこのドラマの素敵なところは、監察医として自分の仕事、死に直面している過酷な暗い部分と夫の風間俊介さん、娘のつぐみちゃん、父親の時任三郎さんや祖父の方々との家族愛の明るい部分との対比が素晴らしいです。特に娘役のつぐみちゃんの演技は、とても自然で可愛らしいし、上野樹里さんの本当の娘さんであるかのように感じてしまう凄さがあります。また、大学での同僚のチームワークも素晴らしく、大学生のアルバイトの子が監察医教室としてあるまじき行為を行っても前を向くように、そして人の死、解剖をすること、監察医としての姿をしっかりと教えてあげるメンバーは最高でした。このことで、山口智子さんが去ってしまったことは非常に残念でしたが、すごく部下を大切にしていた山口智子さんの後をしっかりと上野樹里さんが引き継いでいるところは素敵でした。家族の素晴らしさを感じられるドラマ、人の死について考えさせられるドラマですごく素敵です。40代女性 


“ドラマ「監察医 朝顔 2020」を観て、「遺族に寄り添う朝顔」と「危機を乗り越える家族」が良かったと思いました。まず、遺族に寄り添う朝顔についてです。このドラマでは、大学で監察医として働く朝顔の様子が描かれます。朝顔は、監察医として日々年代も性別もバラバラの遺体を解剖し、死因を特定します。朝顔が、遺族に対し、痛いとなった人物の死因や知られざる気持ちを伝えながら、遺族の悲しみをそっと癒していく姿に勇気をもらいながら観ていました。次に、危機を乗り越える家族についてです。朝顔は、夫と娘、さらには父親と一緒に暮らしていますが、父親の病気や夫が事件の容疑者になるなどの危機に直面します。それでも、家族で助け合って危機を乗り越え絆を強めていくところに感動しました。
20代女性”


法医としての朝顔も素敵ですが、このドラマの良さは家族が信頼し合って暮らしていることです。母が東日本大震災で行方不明になったこともドラマの根底にあって、忘れてはいけないと伝えています。桑原と結婚してつぐみが生まれてからは、子どもをどう育てるかも丁寧に描いています。つぐみが迷子になった時は、桑原は怒らずに理由を聞き、とても大切だから心配をしたことと、二度と勝手に行かないことを約束させました。子供を認め、思いを大切にしているのがよく伝わりました。朝顔は、仕事にも丁寧に一生懸命取り組んでします。遺体に対する姿勢も素晴らしいです。「教えてください。お願いします。」という言葉に、死者を敬う気持ちが込められています。今後、父の平の病気も気になりますが、家族で乗り切れると思います。期待したいです。60代女性


“シリーズ前作以上に波乱の展開がとてもおもしろいです。次はどうなるんだろう?と観ていてドキドキする感じが好きです。桑原くんが人を撃ったと疑われるシーンには緊張感が高まりました。結局は辞職にはならず、異動で済んだことにはほっとしました。さらに法医学教室には新メンバーのうっしーが加わるのも見逃せません。作中でうっしーがやったことは許しがたいことでしたが、後に反省して朝顔たちと真剣に仕事する様子には感動しました。特に亡くなった人に反省するシーンには心を打たれました。作中では朝顔の父の平に変化が起きるのも気になります。忘れっぽさが増していく平はどうなるのかは見どころだと思います。展開から目が離せない作品です。
30代女性”


「朝顔」の見どころは、親子の絆です。子どもの成長と共に親世代も老いていくのは当たり前のことですが、優秀な朝顔でさえ受け止めきれないキャパオーバーな状態に心動かされます。朝顔は医者なのに、曾祖父や父の病気に関われていません。それどころか、娘に心配されるほど。上野樹里さんの演技が上手で、冷静な朝顔は取り乱したりしませんが、食事ものどに通らないくらいストレスフルな状態を上手く演じています。それを夫の桑原くんが心理士さんのように上手に受け止めていて、良い夫婦だと思います。「朝顔」は、つぐみ役の子役さんの演技がナチュラルで、泣いたり笑ったり甘えたりが子どもらしくて本当に可愛らしいです。おうちでご飯を食べているシーンだけでずっと画が持つドラマなのは、つぐみの貢献度が高いと思います。40代女性


前シリーズから引き続き見ています。解剖→事件解決がメインだったところから、朝顔さんの身の回りに起こることを丁寧に描くというように内容が変化してきたように感じています。この年代ならば当たる壁(おじいちゃんの入院やお父さんの認知症進行、旦那の転勤など)が、描かれていてとても共感しながら見ています。印象に残っている回は、12話です。つぐみちゃんが行方不明になり、朝顔さんやお姉さんと探す回。桑原くんの女性陣への寄り添い方が本当に優しくて、素敵で涙が出ました。普段は頼りなさそうに見えるのに、人に寄り添って、励ます姿を見て、人として強いなぁと思いましたし、つぐみちゃんを叱っているシーンは、きちんと向き合っていて、丁寧に話をしていてすごいなぁと思いました。風間さんだからこそだせる空気感だったように思いました。30代女性


“このドラマは、家族の大切さや命の大切さをすごく感じられるドラマです。前シリーズもそうだったけど、今回のシリーズも見終わったときにとても心があったかくなります。桑原くんの銃撃事件や、おじいちゃんの病気、平さんの認知症などいろんなことが立て続けに起きて、苦しくて切なくて大変な時も、朝顔は前向きに向き合っていて本当にすごいなと思います。そして、何と言ってもつぐみちゃんがめちゃめちゃ可愛い!純粋で明るくて可愛らしくて、このドラマの癒しです。この子役さんは本当に演技が上手だなと毎回思います。このドラマにはなくてはならない子です。パパが単身赴任になって、じいじは福島に行ってしまって、ママと二人で寂しいはずなのに、ママを一番に思っていて、一人でじいじの所に行こうとした所は涙が止まらなかったです。本当にこのドラマは色んな面で素敵で、今回2クールで見れて嬉しいです。
20代女性”


“穏やかな雰囲気、静かな時間の流れ、医療ドラマには珍しい空気感の中、丁寧に描かれているのが、とても好きです。法医がテーマですが、生と死だけに囚われず、人生や人間などの壮大な広がりが感じられます。悩んでいる姿や、もがく姿、迷っている姿を見せることによって、深みが出て、共感の一歩先の気持ちに連れていってくれます。死の向き合い方を考えさせられます。震災を扱っていることもとても興味深いです。10年経った今でもまだ残っている想いに、何度もハッとさせられました。そして、最後に流れる折坂さんの歌。どんな回であっても、すべて包み込んでくれる優しい歌に癒されます。「願う…願う…」というあの歌声に涙が出そうになります。
40代女性”


“カメラアングルがストーリーに合うわかりやすさで、役者さんの演技が映え、見応え充分の監察医という仕事に温もりを与える人間ドラマです。一人一人の生き生きとした表情が明瞭なので安心感があります。特に時任三郎さんが仏壇に手を合わせるシーンは下から顔をアップにしていて日常家族でも見ることのない角度の表情が見られ、自然な演技に感動しました。つぐみちゃん行方不明の時の監察メンバー集結シーンの真也の頭越しのシーンは一人の脇役の演技も視線もないがしろにしない撮影陣の愛情を感じます。ストーリーは普通に起こり得る事件が現代の日常を反映する筋書きで、大げささや猟奇的なところがなく、近頃ではめずらしい悪人のいないドラマで優しさや日本人らしさに包まれています。現代日本を反映した、いろんな意味で愛情に貫かれたドラマです。
50代女性”


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました