青天を衝け 動画配信

ドラマ

この動画を今すぐ

31日以内に解約で料金は無料です
期間中600ポイント付与

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料

青天を衝け 動画を視聴できるサイトリンク

NHKオンデマンドは、作品単品での
有料レンタルも可能ですが、

U-NEXT
「NHKまるごと見放題バック」
月額別途+990円(税込)
で購入頂くと、制限なく、
見放題でお楽しみいただけます。

U-NEXTのここがおすすめ

  • U-NEXTに初回登録した方は、
    31日間月額料金がかかりません!
  • 初回登録の特典で、
    600円分のPointがゲットできます。
  • 21万タイトルの見放題作品
    を楽しめます。
  • Point利用でレンタル作品も観れます。
  • いつでも解約が可能です。
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

青天を衝け 動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

幕末から明治を駆け抜け、
日本資本主義の礎を築いた
渋沢栄一の生涯を描く。

メインストーリー

「日本資本主義の父」と称される
渋沢栄一の活躍を吉沢亮主演でドラマ化。

幕末から明治へ、時代の渦に
翻弄(ほんろう)され挫折を
繰り返しながらも、
高い志を持って未来を
切り開いていく姿を描く。

脚本は連続テレビ小説
「あさが来た」などを手掛けた
大森美香が担当する。

キャスト・スタッフ

<CAST>

吉沢亮
高良健吾
橋本愛
田辺誠一
満島真之介
岡田健史
草なぎ剛
和久井映見
木村佳乃
要潤
大谷亮平
岸谷五朗
竹中直人
玉木宏
堤真一
小林薫

ライターの作品コメント

第一話家族で一緒に見ました。家族全員の期待としては大です。最初の始まりが徳川家康からということで、麒麟が来るを見ていた私達としては思わずニヤリ。最初に人が解説をする所が昔の大河ドラマのようで、原点回帰かとテンションが上がりました。第一話ということで、少年時代で最後に大人になった渋沢栄一が出るのかなと思ったらまさかの最初に出現。少年時代を頑張って乗り切ろうと思っていたので、良い形で物語に入ることが出来ました。本編も栄一のお父様がしっかりとされていて、子育て世代としては非常に共感が持てました。そして何より個人的な意見ですが、玉木宏のファンの為、玉木宏が出てからはテンションが上がりっぱなしでした。俳優陣も豪華な顔ぶれの為、今から第二話が楽しみです。来週も必ず見ます。
30代男性

渋沢栄一という人物を学校の授業で習っただけしかなく、大河ドラマとしてどのように始めるのかと思ったら、繋がりのある徳川慶喜の語りと見せかけて徳川でも家康という予想外の始まり方の斬新さにビックリ、家康を演じた北大路欣也さんの語りが上手く引き付けられました。農民の身分であった青年期の栄一が将軍の立場になれる慶喜に対して家臣となるべく直談判する時に足を止めさせたのは、幼い頃からのお喋りな癖で言葉を巧みに操るようになれた事と、将来の起業家としての才能は父親の市郎右衛門の日々の教育が良かった印象が強く、幼い頃からの質の良い教育は必要であるとよくわかり、市郎右衛門も上に立つ者の責任という言葉通りに自身もよく学んでいて全てを子供たちに伝えようとする姿には感心させられました。また、徳川慶喜の武芸に長けていて凛々しさが凄く、今までの印象とは違う新しい人物像が楽しめる構成になっている所が楽しく、初回放送で既に感動と共に心を鷲掴みにされ次回が待ち遠しい気持ちになりました。
30代男性

大河ドラマはあまり見たこともなく、渋沢栄一に興味があったわけでもないですが、岡田健史くんが出るということで、見てみようと思いました。渋沢栄一についての唯一の私の知識は、テラスハウスに出てた渋沢くんが孫だということ。なので、このドラマの最初から歴史的な内容を教えてくれるので、すごくためになるな、と思いました。一話は渋沢栄一の幼少時代を描いており、田舎の農家の様子や広々とした畑、裸足で走る子供など、描写が美しく、惹かれていきました。渋沢栄一がいなくなりみんなで探すシーンが印象的で、お母様役のわくいえみが愛に溢れた演技が、とても素敵でリアルだなと思いました。そのあとの軍事訓練のシーンも、歴史を知るうえで、かなりいい描写だなと思いました。やっぱり一年かけて豪華キャストで撮るだけあって、気合いが違うなと思いました。
40代女性

ドラマ「青天を衝け」を観て、「好奇心旺盛な栄一」と「両親の教え」が良かったと思いました。まず、好奇心旺盛な栄一についてです。このドラマでは、数々の偉業を成し遂げた渋沢栄一の生涯が描かれます。栄一は、子どもの頃から明るく行動力があり、どんなことにも前向きに取り組んでいきます。日々全力で楽しく生きる栄一を、微笑ましく思いながら観ていました。次に、両親の教えについてです。栄一は、自由奔放に育ちながらも、父親の市郎右衛門からは学問の基礎を教わり、母親のゑいからは愛情深く生きることを教わります。両親が栄一に立派な人間になってもらうために、自分たちが持っている精一杯の知識を栄一に受け継ごうとするところに、感動しました。
20代女性

渋沢栄一を主人公としたこの作品、史実を元にしたものなので多少はわかってはいますが成り上がっていく様子が描かれている様に感じ楽しめました。例年の大河ドラマの大きな違いとしては主演俳優達が比較的若い人が多い印象を受けてよりフレッシュな感じがしました。舞台が近代と言う事で割と今の時代にも影響を与えてる人物の若い頃を知れるのは良かったです。展開も割と早く進んで行くので見ていて飽きませんし、音楽や映像のクオリティも高く個人的には音楽の出来が特に良いと感じました。まだ序盤なので幕末のが舞台になりますがこれから明治大正と時代が進むにつれてどうなるのか、どんな過程で彼が日本に貢献して歴史に名を残したか気になります。
30代男性

渋沢栄一については教科書で名前に触れたくらいでしたが、この作品では彼の生涯について細やかに描かれていて興味深かったです。作中では川での罪人の男との出会いとその後部分がとても印象的でした。栄一が取ろうとした千代の髪飾りを川から引き上げてくれた男は罪人でしたが、彼の心優しいところに心を打たれました。後に栄一はまたその男と出会います。男はこのままではこの国は終わると、日本の未来を心配します。そんな男に対し、栄一が返した言葉はとてもかっこいいものでした。「俺がこの国を守ってやるよ」という言葉にはたくましさが表れていました。そして国の未来が少し明るくなったように思いました。栄一の言動にぜひ注目したい作品です。
30代女性

渋沢栄一という人物に関して学校の授業でもちらっと名前を見るだけであって、どんな活動をしていた人物なのかという知識がありませんでした。あらすじを読む限りでは日本経済の生みの親として現在での国民を支えている数多くの企業に関わりがあると知り驚きました。第一話はでは渋沢栄一の幼少期からのスタートでしたが、彼がどのような環境で育ち、どのように今後の日本経済に関わっていくのかが垣間見れた気がします。作品は子供たちが元気よく村を走り回る様子や徳川家の争いの練習など躍動感ある演出や、彼の家が藍染の染料をつくっていることもあり、青を基調とした場面がとても多く色鮮やかで印象的でした。徳川慶喜と今後どう関わっていくのか注目したいと思います。 
20代女性

毎年とりあえず視聴する大河ドラマですが、第一話を見て「面白い!」と思ったのは久しぶりです。冒頭、渋沢栄一と徳川慶喜の対面の場面も緊迫感があって目が離せなかったし、その後の幼少期のストーリーもテンポよく進んで引きこまれてしまいました。歌に合わせて蚕が踊る場面などは、今までの大河ドラマにはない斬新さを感じ、賛否が分かれる場面かもしれませんが、個人的には面白かったです。村人総出で藍染生産や蚕づくりに励むシーンは、当時の民衆の暮らしぶりが良く分かって良かったです。大河ドラマというと戦国時代が描かれることが多いですが、「青天を衝け」では民衆の暮らしの様子を丁寧に描いており、そこでのびのび育った渋沢栄一が、どのようにして「近代資本主義の父」となっていくのか、次回も楽しみに見たいと思います。
40代女性

渋沢栄一の生涯を描いたドラマ『青天を衝け』。初回だったので主人公の栄一は子どもでしたが、おいたちや時代の流れが分かって見応えがありました。栄一のおしゃべりな感じが愛嬌があり可愛く感じました。並行して徳川慶喜の幼少期も描かれていましたが、竹中直人さん演じる実父で水戸藩主の徳川斉昭の存在感がハンパなかったです。息子が一ツ橋家の養子になる話が進んでいましたが、野心ありありなのがパワフルだなぁと感じました。あと栄一の住む村に罪人として陣屋に送られてきた人物を玉木宏さんが砲術家の役であきらかに政治的な思想がきちんとある人物で捕らわれているのがもったいなく感じました。栄一がいとこたちと忍び込んで会いに行きましたが、”日本を守る”という使命感に目覚めたようで出会いや人の影響力ってほんと凄いなぁと感じました。
40代女性

北大路欣也演じる徳川家康が歴史の流れを解説するシーンから始まったのは意外だったが、劇中にもひょっこり出演されていたので面白かった。1話の大半は、幼少期の主人公が家族や身近な人々との関わりを通して人格が形成されていく姿が描かれており、見ていてほっこりした。お城の牢獄にいる囚人を見に行こうと夜中に家を飛び出した際は、また周囲の人に迷惑を掛けることにならないかとやきもきしたが、無事に戻って朝日を眺めていた主人公はほわんとしていて可愛らしかった。ドラマの序盤で母親に言われた「みんなが喜ぶこと」をこれからの人生で成し遂げていくというのが、最後の紀行で仄めかされていたので、次回以降のドラマも楽しみになった。
20代女性

冒頭で吉沢亮さん演じる栄一が慶喜を追いかけていくシーンはとても疾走感があり、みなぎるエネルギーを感じてすごくこれからのドラマが楽しみになるスタートでした。栄一が育ったのは藍染めが有名なところで、藍染の藍色がとてもきれいで気分を明るくさせました。蚕が踊るところもちょっと気持ち悪いと思いつつもかわいく見ました。お母さんが栄一に対して人はひとりではないんだよ、と話すところはぐっとくるものがありました。和久井映見さんが優しいお母さんですごく素敵だなと感じました。玉木宏さん演じる罪人との出会いも幼い栄一に強い影響を与えていたんだなと思いました。いろんなものを見てきた彼に触れて混沌としている日本というものを考え出すきっかけのひとつになったのではと思いました。これからの栄一の活躍がとても楽しみで仕方ありません!
30代女性

第一話では渋沢栄一の幼い頃が描かれましたが、幼少期の栄一を演じた子役がとてもいい味を出していました。お顔がとてもキュートなのですが、わんぱくっぽさが抜群ですね。ちょっと人騒がせな性格なのに、当の本人は飄々とした表情をしていて、将来の偉人になる人物像をうまく表現していたと思います。そのうえ難しい昔言葉の朗読も上手にこなしていて、なんと素晴らしいこと。また大河ドラマから人気の子役の誕生か?と予想しました。母親役の和久井映見さんの優しげな雰囲気も非常にいいです!そして豪華すぎるキャストと舞台再現に圧倒されますね。斉昭が大砲を訓練するシーンは、見事な迫力でした。馬の数も人の数も多く、現代のテレビ局ならばNHKしか実現できないのではないでしょうか。さすがですねぇ。
40代女性

まず案内役で、徳川家康が登場するのが奇想天外で面白かったです。草彅剛さん演じる徳川慶喜も開始すぐに登場し、渋沢栄一(吉沢亮)との緊張感あふれる謁見シーンは印象的でした。その後は栄一の幼少時代の物語が始まりますが、子役の男の子が可愛くて演技も達者で、母親(和久井映見)に甘えるシーンも微笑ましかったです。舞台は今の埼玉県深谷市でしたが、藍染が盛んだったことなど知らなかったので興味深く見ました。他にも吉幾三さんや竹中直人さんなど、コミカルな演技が楽しめそうな方々も出ていたので今後に期待です。罪人役で玉木宏さんも出ていましたが、彼も栄一に大きな影響を与える人物のようで、どう話が展開するのか気になるところです。
50代女性

緑の中に映える薄い青、濃い青、青、青、青、とう演出がとても良かったです。渋沢栄一の生家が繭玉づくりと養蚕を営む農家で、「青天を衝け」という題名だからこその演出でしょうが、とにかく鮮やかでした。渋沢家の日常が描かれていましたが「栄一は恵まれた幼少期をすごしたんだな」と感じました。女中もいる家で、父親から学問を教わり、子供たちは遊んでいることが出来ます。父親は学問を教えるほどなので栄一に生き方を導いてくれるし、母親も優しく諭すことを知っている人です。こんな両親の子ならなりたいものです。思わず貧しかった「『龍馬伝』の岩崎弥太郎」と比べてしまいました。まだ少年時代の徳川慶喜も登場しました。賢そうな若様でした。栄一と慶喜ふたりの人生がどこで重なるのか、楽しみになるスタートでした。
50代女性

渋沢栄一(小林優仁)は父市郎右衛門(小林薫)と母ゑい(和久井映見)と一緒に町に行きたいを駄々をこねますが、置いてきぼりにされます。父と母が帰ってくると栄一が行方不明になっており、姉や下働きの者、近所の親せきを含めて大騒ぎになります。が、栄一は養蚕場のわらの中で寝ていました。そのことで叱られた栄一は父親に自分を連れて行かなかったからこうなったんだと言い放ちます。屁理屈をいう姿に、将来の大物感を感じます。母からは、自分だけが嬉しいことでなく、みんなが嬉しいことをしなさいと言われます。それが心に響く栄一、罪人として牢に入れられた高島秋帆(玉木宏)から日本の危機を聞くと自分が救うと誓います。幼少期から口が達者で、人一倍行動力のある人物だったことが伺えました。
40代男性


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました