直ちゃんは小学三年生 無料動画

ドラマ

この動画を今すぐ

2週間以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

直ちゃんは小学三年生 動画を無料視聴できるサイトリンク

この作品は
動画配信サービスを提供する
Paravi全話視聴可能です!

■Paraviのここがすごい

  • 登録した最初の2週間は
    会費がかかりません!

    ※2週間後からは
    お支払いが発生します。
  • ドラマ特化のParavi
    国内では最大級
    ドラマ作品の宝庫
    です。
  • 見逃し作品を探してますか?
    Paraviは
    国内ドラマやバラエティを独占配信
  • パソコン・スマートフォン・タブレット
    様々な媒体から視聴可能です。
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

直ちゃんは小学三年生 無料で動画を見る前に詳細情報を確認!

メインストーリー

杉野遥亮主演で
小学3年生の少年たちの日常を描く、
少しブラックながらもどこかほっとする
ヒューマンコメディー。

小学3年生の
純粋で真っすぐな直ちゃんを杉野、
金持ちで頭のいい少年・きんべを渡邊圭祐、
がさつな少年・てつちんを前原滉、
泣き虫な少年・山ちょを
竹原ピストルが演じる。

キャスト・スタッフ

<CAST>

杉野遥亮
渡邊圭祐
前原滉
竹原ピストル

ライターの作品コメント

ふざける男子と真面目な女子という構図から女子が攻勢に出るというのは昔からある定番ではあるもののそれだけに面白かったです。話の端々で友達の性別が今と違っていたらどうなのかや女性はプロ野球選手になれないことなどが話題として出てきました。主人公の直ちゃんはどちらも性別なんて関係ないとしていましたが、これは小学生三年生の段階ではまだまだ男女間の身体的差異も少ないことが起因しているようにも思えます。そんな自然とジェンダーレスな視点を持っていたから、胸が大きいとからかわれていた子のために、その身体的な特徴をカバー出来るようにと母親のブラジャーをプレゼントしようとしてかえって泣かせることになるのですから中々皮肉です。
30代男性

直ちゃんは小学三年生はどこか懐かしく優しく心がほっこりします。正直、どうしてあんなひげ面おっさんの竹原ピストルさんやイケメン俳優さんの杉野遥亮さんが子供にましては小学三年生に見えるのだろうかといつも不思議に思います。でもそこがこのドラマの魅力なのかなと思います。3話も山ちょや直ちゃんの優しさが出てました。今回の内容は男子と女子のナイーブな悩みや関係などが描かれていましたが直ちゃんの山ちょや塩山に対する優しさに胸が打たれました。男子だからこうあるべきとか女子はこうあるべきみたいなものを持たない直ちゃんの優しさがよかったです。女の子特有の悩みを持った鎌田に対して母親の下着を渡してしまったときはさすがにそれはちょっとと思いましたがあれも直ちゃんらしい優しさなのかなと思いました。少しやり方は間違っていたかもしれないけれどこういった経験で子供は成長していくのかなと思いました。直ちゃんは将来絶対にいい大人になると思います。
20代男性

三話目して、大人がガチで小学生を演じている姿にも慣れてきましたし、むしろクセになってきました。今回は女子が登場しましたが、掃除をさぼる男子に「手伝ってよ」というシーンが何だか懐かしい映像でした。しかしそこから、男の役割・女の役割や体の変化という問題にフォーカスして行ったのが意外でした。しかしそれも「小学生あるある」に入ると思いました。胸が大きくなる事を男子にからかわれたり、女子の方が成長が早いので、変わって行く事により丁度この頃には「男とは女とは」を考えさせられるものです。決してギャグ要素で片付けようとしない意図が伝わってきたので今後もかなり楽しみになってきました。これからもっとバズることでしょう。
30代男性

やっぱりこのメッセージ性の強い作品を深夜に放送しているのがもったいない!と思うくらい今回のメッセージは深かったです。最近何かと話題のジェンダーというデリケートな話題で、それを小学生に扮した大人たちが演じることで価値観の古い人たちのアップデートを計ろうとしたり、男だからとか女だからとか関係なく生きていけばいいんだよと現代を生きる子供たちへのメッセージを受け取りました。しかしお菓子で買収するなどはかわいらしいのですがどこかずる賢いそんな女子いた気がするなど自分の子供時代のことも少し懐かしく思い出すことができました。直ちゃんの優しさは少し間違えちゃったかもしれないけれど、そんな優しい心を持ったまま大人になってほしいなと思いました。
30代女性

いざ!女子も登場しましたね。ますます小学校の雰囲気が増して、ワクワクします。掃除をちゃんとやらない男子に対し「ちょっと男子~!」の鎌田の声。嗚呼、こういう優等生でいかにも女っぽい子っていたなぁと、自分の記憶を呼び起こしました。でもそういう女の子ほど、嫌われているようで実は男子に注目されてるんですよね。自分は係の仕事はしっかりとこなしていましたが、どちらかというと男子と共に悪戯ごとに夢中になっていたので、子供の頃から男っぽい性格だったんだと気付かされました。まさかこのドラマにて、自分の性格まで振り返ることが出来るとは驚きです。一応性別は女性なので鎌田や塩山の気持ちもわかるのですが、男子の中ではやはり穏やかな山ちょが一番会話しやすいですよね。心優しい山ちょが女子の心の支えになっている姿に、こちらも温かい気持ちになりました。
40代女性

掃除をサボって遊んでいる男子に怒る女子、という構図に懐かしさを感じました。この回は懐かしいとかあるあるだけではない深みが特にすごいストーリーだったと思います。女子の方が早く成長することもあり、男子のデリカシーのない言葉で女子が傷つくというのは今も昔もあるのではないかと思います。また、「男なのに花が好き」「女なのにキャッチャー」といった性別に固定されたイメージもすぐに変えられないものだと思います。直ちゃんはこのような性別への価値観に対しあれ?なんでだろう?と疑問を持ち、フラットな視点を持った言葉が出てきていたのがグッときました。直ちゃんは胸が大きいことをからかわれた女子に思わぬ方法で助けようとしてびっくりしましたが、女子は直ちゃんの気持ちを汲んでくれたのでよかったと思いました。
30代女性

こういう小学生、クラスに一人はいたよね!というような「小学生あるある」が本当によく描写されていて、懐かしいのと同時にとても面白かったです。直ちゃんたち男子の会話の内容が、男の子ならではの会話内容で、しょうもない遊びだったり、つまらないことで女子をからかったりしてるのを見ると、本当に子供だな~と笑ってしまいました。また、鎌田と下山がアルプスいちまんじゃくをやっているのも、昔よくやってたな~!と感動すら覚えました。ほかにも、給食がカレーの時はおかわり率すごいというのも男子たちの会話の中に登場し、子供のころは本当によかったなとしみじみ思いました。また、鎌田が泣いている内容を聞いて、おそらく直ちゃんなりに真剣に考えに考えたんだろうなと思うけど、結果鎌田に最低呼ばわりされている直ちゃんがかわいそうでもあり、かわいくもあり、かなり笑えました。
30代女性

3話は、女子と男子の初々しい絡みが特徴的でした。直ちゃん、きんべ、てつちんの鎌田に対する小学生ならではの女子をいじめてしまう感じや暴言を吐くところが可愛かったです。堀田茜さん演じる鎌田が、「ちょっと男子〜」と言うシーンは小学生がリアルに言っていそうなセリフでクスッと笑えました。直ちゃんがブラジャーのことをブジャラーと言い間違えるところは小学三年生ならではで、間違えていることに気づいていないところもとても可愛く癒されました。直ちゃんは小学三年生は、くだらないことをしていたり友達と競い合ったり、内容は薄いような感じはしますが、なぜか毎週観てしまうそんな作品です。新しい登場人物が出てくるのが楽しみです。
20代女性

今回の第三話では同級生役の女の子も登場したのが印象的でした。同級生の女の子は堀田茜が演じていましたが、学年には必ず一人いるような優等生なクラスの女の子!といった感じでとてもよかったです。「先生に言うよ!」というセリフは女の子なら必ず一度は言ったことがあるだろうなと懐かしい気持ちになりました。小学三年生だと成長が早い子だと胸が大きくなってくることもありますが、そこの理解に対して男の子もまだまだ理解するには微妙な年ごろだろうなと思いました。女の子の気持ちがわかるようになるにはもう少し時間がかかるだろうな~と大人になってからこそわかることも多いと思いました。個人的には竹原ピストルさんの絶妙なバランスの役柄がとてもお気に入りです。
20代女性

秘密基地を作ろうという発想は、子供ならではの小さな夢のような気がして、自分の幼い頃が少し懐かしいように感じさせられました。私自身秘密基地を作ろうと色々子供ながらに考えて遊んでいましたが、ドラマ上では色々な道具や場所が揃っていて羨ましくもなりました。最もこの回で印象的で面白く感じたシーンは、合言葉のくだりです。この場面でも子供らしさが満載で、見ていて可愛らしいようにも思えました。大人であれば誰もがほっかりしてクスッとなること間違いなしなので、特に今回はこのシーンに注目してみて見て欲しいなと、すでに見終えた私は思っています。全体を見て、色々なハプニングがあってもまた始めの仲良しな状態にすぐ戻ることができる子供たちは、素直で純粋でいいなと感じました。
20代女性

初回では小学生あるあるがたくさん出てきていましたが、今回はあるあるの一つ、秘密基地が登場していてワクワクしました。小学生の頃に秘密基地を作り、ひっそりと遊んだ記憶が蘇りました。作中ではてつちんが挙動不審な動きをしていたのがおかしかったです。どうやらこれが原因でいじめっ子に秘密基地がばれたようでした。後に骨折したてつちんは一人寂しく秘密基地に行きますが、後に直ちゃんたちも一緒になって過ごすシーンには心が温かくなりました。秘密基地をいじめっ子に壊されたり、てつちんが骨折したりと悲しい出来事はあったものの、このシーンがあったのが救いでした。今回も笑いあり、涙ありで感動的なストーリーになっていたと思いました。
30代女性

1話ではいい大人たちが小学生のコスプレとか極めて痛々しいとか思っていたけれど、いつの間にやら目が慣れてきて違和感が薄れていることに気がつきました。すっかりこのドラマの雰囲気に飲み込まれている自分がいました。みんなの派手の色合いの服装も可愛くて見えてきたし、竹原ピストルさんのオーバーオールでさえもなんだか愛らしく思えてきて、気がついたらこの大人たちに心が癒されていました。秘密基地を作ろうとしているのを観ていて凄く懐かしい気持ちになりました。私は友達とではなく完全にひとりぼっちで作っていたから、仲のいい友達同士で和気藹々と作ってみたかったなと思いました。おニューの靴を履いてウッキウキの渡邊圭祐さんが2話で1番印象に残りました。その姿はどこからどう見ても子どものもので可愛かったです。
20代女性

今回も小学生ならではの会話のやり取りが面白かったです。秘密基地に入る時に合言葉を作っているところは見ていてホッコリしましたし、自分が子どもの時も合言葉を作ってたなと懐かしく感じました。秘密基地という言葉の響きだけでなんだかときめいてしまいました。また、きんべの新しい靴「超足」のことでてつちんと大喧嘩するシーンは色々と衝撃的でした。友達の新しい靴を借りてあんなに汚すこと自体考えられないので、てつちんが悪いと思いながら見ていました。怒っていたとはいえきんべの暴言もひどいとは思いましたが、より高いところから降りた方が勝ちというゲームをして結局きんべが謝ることになるという展開はさすがにきんべが可哀想でした。
30代女性

最初に、学校から帰っている時に、じゃんけんでグリコ、パイナップル、と言いながら帰っているシーンは、自分もやっていたなあととても懐かしく、良いシーンでした。きんべとてつちんが対決をするところが、ジャンプしてどれだけ飛べるのかというような、ここでも昔やっていたような対決の仕方で、どれをとっても、ただ懐かしくて、面白くて、みんなが遊んでいる公園もどこか、昔からあるような感じの公園で、シチュエーションもバッチリだと思います。秘密基地は誰もが憧れる、ましてや男の子ならなおさらあこがれるものなので、そういうみんなが共感できるものがテーマなのもとてもいいなあと思います。大人が演じているにもかかわらず、小学3年生に見えてくるので、俳優さん達の演技の上手さに感服します。
40代女性

小学生特有の「秘密基地」には大人になってもときめきがあります。山ちょのおじいさんが使っていたとされる秘密基地には現代の少年でもきっとドキドキするでしょう。しかしそこへいじめっこのタケモンとジュンヤがやってきて三人が一生懸命作った秘密基地を壊してしまったときは本当に子供たちがいじめられているようにみえて胸がぎゅっと締め付けられました。そこで人のものは大事にしないといけないというメッセージが含まれていたと思うのですが、てつちんがきんべの新しい靴をこれでもかと汚してしまったときにも胸がぎゅっと締め付けられてしまいました。このコントのような作品の中には人にとって当たり前でそして大切な事へのメッセージが含まれていると思います。大人になった今こそ刺さるドラマだなと思いました。
30代女性

直ちゃんたち4人組は秘密基地を作ることになりました。エロ本で盛り上がったり、回文で合言葉を作ったりする小三あるあるに笑いながら見ていました。ちょっと口の悪そうなクラスメイトたちに見つかりバカにされるのが切なくなりました。新しい靴を買ってもらったきんべが速く走れるとウキウキしているのがかわいかったですが、靴を貸してもらったてつちんが泥まみれにしてしまい、子どもの無邪気な残酷さもしっかり描いていたと思います。「人の大切なものもわからないのかよ」と怒るきんべの言葉が印象に残りました。このケンカに決着をつける、どちらが高い方から飛び降りることができるか、という小三らしい展開にニヤニヤしました。着地で足がじんじんするという感覚を久しぶりに思い出しました。
30代女性

きんべの新品の靴をてつちんが汚して喧嘩になってしまうシーン。てつちんが悪いが、本人は全く悪いとは思っていなくて金持ちだからまたかってもらえばいいという考えで実にふてぶてしく腹立たしい。靴を汚されたことよりも汚された後のてつちんの態度に激怒したきんべの気持ちはとても理解できた。絶交宣言まで飛び出すも必死に止める直ちゃんと山ちょが微笑ましく、また決着のつけかたも小学生の設定という事もあるが、いわゆる「ケンカ」とかではなくジャンプ対決というなんとも可愛らしい勝負。こういう事って昔あったよなぁ思わせてくれるシーンで懐かしい気持ちになった。負けたら素直に謝る姿も良かった。大人になっても大事にしないといけないことが描かれていてとても面白いと思った。
30代女性

きんべの新品の靴をてつちんが汚して喧嘩になってしまうシーン。てつちんが悪いが、本人は全く悪いとは思っていなくて金持ちだからまたかってもらえばいいという考えで実にふてぶてしく腹立たしい。靴を汚されたことよりも汚された後のてつちんの態度に激怒したきんべの気持ちはとても理解できた。絶交宣言まで飛び出すも必死に止める直ちゃんと山ちょが微笑ましく、また決着のつけかたも小学生の設定という事もあるが、いわゆる「ケンカ」とかではなくジャンプ対決というなんとも可愛らしい勝負。こういう事って昔あったよなぁ思わせてくれるシーンで懐かしい気持ちになった。負けたら素直に謝る姿も良かった。大人になっても大事にしないといけないことが描かれていてとても面白いと思った。
30代女性

秘密基地を作るのが懐かしかったですし、「秘密の合言葉」も取り入れていてドラマを見ながら子どもの頃を懐かしんでいました。制作スタッフもきっとあの頃を知っている年代の方が携わっているのだろうと思います。新しい靴を自慢するシーンや、何故か「おNEW」の靴を履いてきたら汚してあげるという謎の風習も描かれていて最高でした。きっと今の小学生には分からないでしょうが、当時は本当に踏んづけたりしたものです。2話目にしてタケモン・ジュンヤといういじめっ子も登場して良い感じの味を出していました。きっと今後もキーパーソンになると思うので楽しみです。最後、喧嘩をしても皆で秘密基地で集まって喋っているシーンは心が和みました。
30代男性

直ちゃんたち仲良し4人組の前に、クラスのちょっと嫌な奴らが登場して、子供ながらのヒエラルキーだなぁと思いました。自分の幼い時にも、本当にこういう構図があったなぁとしみじみとしました。更にはよくある秘密基地の建設(笑)。私は女性ですが女同士で基地を作っていましたので、やはりこれは多くの子供が通る道なのでしょうね。中年になっても、恥ずかしながら共感ばかり。それに今思えばグラビア程度の雑誌が、子供の頃は本格的なエロ本に思えたものです。雑誌1冊ではしゃいでいる直ちゃんたちが微笑ましいうえに、エロ本を嫌がる山ちょが可愛いではありませんか。エロ本を拒むキャラならばあの4人の中では、確かに山ちょ役の竹原ピストルさんに似合う気がします。今のところ山ちょが一番のお気に入りです!
40代女性


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました