バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜 無料動画

ドラマ

この動画を今すぐ

2週間以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜 動画を無料視聴できるサイトリンク

この作品は
動画配信サービスを提供する
Paravi全話視聴可能です!

■Paraviのここがすごい

  • 登録した最初の2週間は
    会費がかかりません!

    ※2週間後からは
    お支払いが発生します。
  • ドラマ特化のParavi
    国内では最大級
    ドラマ作品の宝庫
    です。
  • 見逃し作品を探してますか?
    Paraviは
    国内ドラマやバラエティを独占配信
  • パソコン・スマートフォン・タブレット
    様々な媒体から視聴可能です。
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜 無料で動画を見る前に詳細情報を確認!

メインストーリー

2017年と2018年に放送され、
話題を呼んだシリーズ第3弾。

日本の映画やドラマ界に欠かせない
田口トモロヲ、松重豊、光石研、
遠藤憲一を中心に名脇役たち
100人以上が本人役を演じる。

森に囲まれた大きな撮影所
“バイプレウッド”を舞台に、
各局の連続ドラマや映画が
一気に集まってしまったことで起きる
大騒動の100日間を描く。

キャスト・スタッフ

<CAST>

田口トモロヲ
松重豊
光石研
遠藤憲一
阿部亮平
安藤玉恵
石丸謙二郎
宇野祥平
柄本時生
大倉孝二
小沢仁志
尾美としのり
勝村政信
加藤諒
金子大地
北香那
近藤芳正
佐々木希
宍戸美和公
志田未来
杉野遥亮
醍醐虎汰朗
高杉真宙
滝藤賢一
田中要次
津田寛治
寺島しのぶ
長谷川京子
濱田岳
林泰文
原田龍二
ふせえり
堀内敬子
観月ありさ
向井理
村田雄浩
本宮泰風
森下能幸
りょう
六角精児
渡辺いっけい

ライターの作品コメント

明らかに某有名なドラマのパロディ感が強くて、さすが責めているドラマだなと思いました。向井理さんの振り切った演技が素晴らしくて思わず笑ってしまいました。視聴率が最下位になってしまい、悩みながらなんとかバズらせようという皆さんの真剣なやり取りが楽しかったです。一発で撮らないといけないというギリギリの緊張感の中で台詞が飛んでしまった向井さんにはびっくりしましたが、そんな向井さんを囲む役者の皆さんの様子がなんとも笑えました。明らかにおかしいのにそれをそのまま放送してしまうという決断にも驚きましたが、それがなんとしゃべらない向井、でバズってしまうという予想外の展開が面白かったです。視聴率も大事ですが、バズるかどうかも大事、という今のドラマ界を表現している気がしました。
30代女性

8チャンは、観月ありささんが主演の医療ドラマです。できる女医と口の悪い医師のドラマで、人気があり高視聴率だったのに、視聴者からの手紙がきっかけに、現場はコンプライアンスに振り回されてしまいます。「女性は」「A型だから」もダメ、危ない事もダメ、汚い言葉もダメと、何もできなくなってしまいました。医療ドラマはスリルも大切ですし、主役と反対のキャラも必要です。みんなが上品な良い人になってはドラマはおもしろいくないのに、滝藤賢一さんは降板してしまいました。代わりに来たのは寺島しのぶさんです。豪華な配役になりました。結局、ドラマに必要な台詞が認められて、滝藤さんも復活して、撮影が再開しました。本当にコンプライアンス優先になったら、いいドラマはできないなと思いました。
60歳女性

某お笑い芸人さんが色々やらかしてくれたことによって世間では何かと「コンプライアンス」ばかり気にするようになって、3話ではそのコンプライアンスに振り回されまくっている出演者たちが非常に滑稽でありながらめちゃくちゃ面白かったです。滝藤賢一さんの天然パーマがコンプライアンス的に引っかかるというのはさすがに行き過ぎていて「そりゃないだろ」とツッコミを入れたくなりました。今の時代、こんなにも些細なことでコンプライアンスに引っかかるのかと観ていて愕然としました。そこまで気にする必要なんてない気もするのに、炎上とか視聴者を気にして徹底的に排除しようとするのは凄いなと思いました。ドラマ制作にはそういった苦労もあるのだと知って、改めて作品を作ることがいかに大変で凄いことであると認識出来ました。
20代女性

滝藤賢一さんのはっちゃけ具合がめちゃくちゃ面白くて最高でした。いい大人なのにここまで勢いがあるとそれはそれで笑えてくるから凄いなと思いました。自暴自棄になって撮影機材を振り回しているところも痛々しいことこの上ないのに完全にギャグにしか見えなくて笑いが込み上げてしまいました。散々暴れたあとに撮影所を追い出された時の様子とかまさに傑作で印象に残りました。不貞腐れ方がどう見ても子どものもので不思議と可愛く見えました。ドラマ降板を言い渡されたも同然の扱いだし可哀想なはずなのに、同情よりも笑いが生まれてしまう演出ばかりで、観ていてただただ楽しくてしょうがなかったです。そして、私も滝藤賢一さんの個性的な天然パーマが好きだと思いました。
20代女性

これでもかというくらい、幅広く俳優、女優さんが出演していて、驚くばかりです。第3話では、観月ありささんが出てる、と思ったら、寺島しのぶさんもでてきて、この二人を同じ画面で見ることになるとは思わなかったのでとてもびっくりしました。内容も、高視聴率ドラマを想像させるような演出で、それをうまく面白おかしくさせていて笑えてしまいます。なぜか、海外に行ってしまった遠藤憲一さんの行動も気になりつつ、話しがスピード感を持ちながら進んでいくので、アッという間に時間が過ぎてしまいます。ドタバタ劇かと思いきや、そこには働き方や、今の撮影現場でのリアルな問題なども織り込まれていて、最終的に、うまくまとまっていてよかったです。
40代女性

8チャンの医療ドラマ「ドクターZ・5」ではコンプライアンスやハラスメントの問題と視聴者の反応の板挟みになる現場の風景を描いていました。過激な役柄のため降板させられた滝藤さんの変わりに「私、ハラスメントしないので」という決め台詞を引っさげて加入した寺島さんもまたハラスメントな言動が指摘されるという展開でした。コンプライアンスやハラスメントに敏感になると作品が立ち行かなくなる、という立場と、今まで見えていなかっただけでその言動はアウトだ、という立場の意見は両方ともわかりますが、ではどのように表現すれば作品の質を保てるか、という難しい疑問を突きつけられたように感じました。おもしろおかしいだけではない部分もこの作品の良さだと思います。
30代女性

今回は明らかにドクターXを元ネタにしたドラマが舞台で、そこにここ数年厳しくなった世間の「コンプライアンス順守」のために面白いドラマや映画が作れなくなっていることを揶揄する内容でした。最近は昭和のドラマが配信を見ることも多いですが、確かに今なら絶対作れないだろうなあと思うコンプライアンス無視の番組が、実は面白かったりするんですよね。ドラマを作る俳優さんたちもフラストレーションを抱えて番組制作をしているんだと思うと、親近感が湧きました。主演の滝藤賢一さんと観月ありささん、寺島しのぶさんの3人がやり過ぎともいえる振り切った演技で笑いを取る様子が面白かったです。なかでも滝藤さんは、大河俳優なのにここまで笑いを取りに行って大丈夫なのかと心配になるほどでした。バイプレーヤーとという俳優さんの呼称は名優と同義語だと思わせる内容でした。
50代女性

本当に豪華なメンバーとゲストのみなさんの演技力が抜群なので、本当にドラマの中の性格とご本人が同じなんじゃないかといつも勘違いしてしまいます。特に今回は滝藤賢一さんがコンプライアンス遵守の憂き目を受けてセットの外に投げ出されるところが最高に面白かったです。扉に向かって悪態をつき蹴り飛ばす姿も思わず笑ってしまいました。自信満々で救世主として登場したが滝藤組の策略にはまり失速した寺島忍さんの使い方もなんともぜいたくで、このドラマならではの配役だと思います。お互いを陥れるために策略を巡らせる寺島さんと滝藤さんのバトルは最高でした。このバトルに振り回されて困り果てる主役の観月ありささんが可哀そうでしたが、まさかの展開に驚きました。結果オーライだったので良かったです。
40代女性

コンプライアンスにこだわりすぎて、収録が全然進まないのがとても面白かったです。バイプレーヤー達が本人役でそのままでているところもリアリティがあってますます番組を面白くさせていると感じました。視聴者からのクレームとコンプライアンスの為に、滝藤さんがドラマから外されてからの寺島しのぶさんが救世主として現れるまでの展開が早いので、サクサク視れました。完全に蚊帳の外になってしまった滝藤さんがかわいそうだと思ったのも束の間、今度は寺島しのぶさんにコンプライアンスに関する細かすぎる指摘が入って、立場逆転になってからの滝藤さんが気が触れたか!?と思うくらいテンション高くて圧倒されつつ笑いました。コンプライアンスに振り回される出演者の熱演から目が離せませんでした。
30代女性

バイプレーヤーズのなんとも言えないテンポの良さが際立った回だと思います。観月ありさの観月ありさらしい分かりやすい演技がとても活かされていると感じました。コンプライアンスという近頃ではよく耳にするワードですが、でも正確に詳しく説明出来ないある意味ふわりとしたワードのもつあやふやな雰囲気がこの回の面白さだと思います。寺島しのぶの新たな一面が見れたのも良かったです。これまではどちらかと言うとシリアスな演技が多かったと思いますがその板についているシリアスさが上手くコメディになっていて面白かったです。いつもながらの滝藤賢一の大袈裟な演技もだんだんと見慣れてきて更にエスカレートしていくのを期待したりします。
40代女性

今回はドラマのコンプライアンスがテーマになっていましたが、コンプライアンスというのは探せば探すほどキリがないものだなと思い、ドラマつくりというのは大変だなと思いました。でも、なんでもかんでもコンプレックに引っかかってしまうものを取り除いてしまうと作品は面白くなくなるのではないかとも思いました。今はちょっとの発言でもネットで炎上してしまう世の中ですが、もう少し横柄になってもいいのではないかと思います。今回は滝藤賢一さんが出演されていましたが、忙しすぎて情緒不安定になっている様子がとてもおかしく実際も本当にこういう人なのかな?と思ってしまうほどでした。寺島しのぶさんとのバトルもちょっとオーバーでありながらもそこが面白かったです。
20代女性

バイプレーヤーズ~名脇役の森の100日間は毎回たくさんの名俳優の方たちがたくさん出てくるので観てて飽きがこないですし楽しく永遠に観ていられます。超豪華なコント番組みたいな感じです。タイトルに名脇役とついている通り豪華な名脇役の方たちがたくさん出てきますがたまにこの人は主役級なんじゃないか?とも思ってしまうこともありますがそうやって考えているのも楽しいです。実際、2話では向井理さんが出ていますが正直私の向井理さんのイメージは華々しい主演のイメージでしたがこのドラマを観たら向井理さんは名脇役のイメージに変わりました。向井理さんの少し頼りなさそうなやられてる感じがよかったです。2話のクオリティもすごく高くてよかったですが3話は観月ありささんや滝藤賢一さんが出るのでさらに楽しみです。
20代男性

脇役の決め台詞が次々Twitterでバズるなか、主演なのにバズることができず焦ったり落ち込んだりする向井理さんの演技が面白く、可愛かったです。シリアスなドラマで主演することも多い向井さんが恥ずかしい決め台詞を絶叫したり、バスㇼたいがために土下座する場面なんてなかなか見られないので貴重だと思います。そんな向井さんを気遣うバイプレイヤーズの皆さんもそれぞれの味が出ていて良かったです。怖いイメージの小沢仁志さんが普段からドスを持っているのが面白すぎます。最終回の一発撮りの場面で、台詞が飛んだ向井さんを皆が苦し紛れにフォローする場面では爆笑してしまいました。結局決め台詞を言えずに終わってしまったのに、それが元でついにバズることができたというハッピーエンドにホッとしました。
40代女性

向井理さん主演の日曜9時の銀行ドラマ「大合併」の視聴率が最下位に落ち込み、なんとか挽回しようと皆で試行錯誤している様子が妙にリアルで面白かったです。向井理さんに決め台詞をつけてドラマをバズらせようとする作戦は、実際にそういうバズりを狙って台詞を考えたり変えたりすることがあるのかもしれないと想像しながら楽しむことができましたし、「俺は獅子の子だ」という謎過ぎる決め台詞が全く話題にならずに脇役の台詞が話題となってしまう展開は面白かったです。また、主役としてのプレッシャーと緊張で追い込まれ台詞が出なくなってしまい、向井理さんが喋らないまま放送されたことで「#喋れ向井」がバズり、狙いとは違いましたが視聴率がトップになるという展開も結果オーライで良かったです。
30代女性

今回は、6チャンの「大合併」という銀行のドラマの撮影現場です。しかも、主演は向井理さんです。普通なら高視聴率、間違いなしなのに決め手がないようです。そこで考えたのが決め台詞です。今のドラマは、決め台詞がはやっていますし、銀行ものですから、そう思うのも無理はありません。でも「俺は獅子の子だ」には、驚きました。インパクトはありすぎますが、意味がわかりません。予想通り、わき役の六角さんや津田さんの台詞がうけてしまいます。向井さんがいじけた姿は、かわいそうでしたが、かっこよさは変わりません。さらに、向井さんはみんなに気を遣って、穏やかなや優しい主役です。最後は、黙ってしまいましたが、それがうけたのです。主役はやっぱり注目されます。複雑な思いの向井さんですが、バイブレイヤーズの皆さんがホッとして良かったです。皆さんが自分の名前で出ているので、本当かなと思いながら見るのが楽しいです。
60代女性

輪になって大きな穴に向かって「理科の理と書いておさむちゃんです」と叫ぶシーンはずるいなと思いました。こんなの面白すぎて笑うなって方が無理があると思いました。言わされた感満載ではあったものの、向井理さんが自分のことをおさむちゃんと言ったのを聞けてたまらなかったです。私からしたらなんのご褒美かしら?というくらい甘美な気持ちを味わうことができました。あまりにも追い詰められてリハーサルでは完璧だったシーンのセリフを全部飛ばしたところは3話において1番の衝撃かつ笑撃シーンだったなと思いました。周りの出演者たちが必死になってサポートするのにも関わらず、一向にセリフが出てこない向井理さんが面白くて最高でした。結果的にそれが功を奏してバズるという展開は皮肉でありながら素晴らしいと思いました。
20代女性

脚本の人とか監督だけじゃなくて、出演者たち自らが進んでSNSでバズるように工夫しているのだと知って感心してしまいました。昔だったらまず有り得なかったであろう光景を目にしてどこか感慨深い思いになりました。それも中高年層のおじさま俳優さんが真剣になってバズるワードを考えているのが個人的には印象に残りました。向井理さんに何としてでもバズってもらおうと躍起になってくれるのが本当にかっこよくて「何この人たち優しすぎる、好き」と気持ちが昂ってしまいました。普通だったら自分さえバズって知名度アップできればそれで満足しそうなものなのに、主演をたてるために知恵を絞ってくれるなんて、こんなにも温かい優しさで溢れる現場がこの業界にあるのかと素直に驚きました。
20代女性

向井理さんは、私の中では爽やかで何でもスマートにこなして滅多なことでは取り乱さないイメージが強かったのでこんなにも情けない姿を観ることができてある意味嬉しかったです。それまでのイメージを払拭するような強烈さが非常に新鮮で良かったなと思いました。バズらないことを本当は誰よりも気にしているのに先輩の手前それを表に出さないように頑張っている姿になぜだか胸がキュンとしてしまいました。こんなにも困っている顔の向井理さんを観られるだなんて幸せすぎて天にも昇るような素晴らしい心地でした。独特すぎる、明らかに見覚えのある土下座のシーンはやっぱり印象的でした。本当に2話では新しい向井理さんに出会えた感じがして有難いなとしみじみ思いました。
20代女性

6チャンの銀行ドラマ「大合併」の話はとてもおもしろかったです。視聴率最下位になってしまい、挽回のために決め台詞を考えるというストーリーでしたが、周りに振り回されつつも懸命に主演であろうとする向井さんが本当に健気で、切なくなりながらも応援していました。土下座をさらに低くした土「寝下座」にはそこまでやるかと爆笑しました。バイプレーヤーたちの台詞が意図せず盛り上がりSNSでトレンド入りしてしまうのは、バズる難しさや狙ってできるものではないということを思い知らされました。どこかで聞いたような決め台詞にワクワクしましたが、「理科の理と書いておさむちゃんでーす!」は向井さんが言わなそうなギャップも含めて最高でした。
30代女性

今回も初回に負けず劣らずとても面白くて大爆笑でした。番組のロゴや劇中の音楽がもう半沢直樹のパクリそのもので、向井理さんのド迫力大アップ顔とか、本家に負けず劣らずでしたね。私は向井理さんの大ファンなのですが、正直言ってこんなにはじけてくれるとは思いませんでした。超イケメンでクールに見える向井さんがでうつぶせになったまま「小さい子供が待ってるんです」と情けない声で言ったときには思わず夜中に大声をだして笑ってしまいました。彼の新たな一面が発見できて大誤算というかとても嬉しいです。演技だとはわかってはいますが、もしかしてホントに普段からこんな感じなのでは?と錯覚してしまうほどの名演技でした。そして周りの渋い脇役のオジさんたちがこれまで誰もが個性的でいい味だしていましたね。特に六角さんの小銭風呂には笑いました。2回の放送だけでこんなに盛り上がってしまって今後どうなるのかが怖くなるほど楽しみです。
50代女性


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました