書けないッ!? 動画配信

ドラマ

この動画を今すぐ

31日以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

書けないッ!? 動画を視聴できるサイトリンク

この作品は動画配信サービスを提供する
U-NEXT全話視聴可能です!

U-NEXTのここがおすすめ

  • U-NEXTに初回登録した方は、
    31日間月額料金がかかりません!
  • 初回登録の特典で、
    600円分のPointがゲットできます。
  • 21万タイトルの見放題作品
    を楽しめます。
  • Point利用でレンタル作品も観れます。
  • いつでも解約が可能です。
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

書けないッ!? 動画を見る前に詳細情報を確認!

メインストーリー

売れない脚本家の吉丸圭佑は、
“香坂りり子”というペンネームで
活躍中のベストセラー作家の妻・奈美、
娘・絵里花、息子・空のため
家事全般を担っていた。

細々と執筆を続けながらも、圭佑は
「自分には大きな仕事なんてくるはずない…」
と思い込んでいたが…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(吉丸圭佑)
生田斗真
(吉丸奈美)
吉瀬美智子
(仙川俊也)
菊池風磨
(篠田重幸)
小野武彦
(篠田芳恵)
梅沢昌代
(吉丸絵里花)
山田杏奈
(吉丸空)
潤浩
(スキンヘッドの男)
浜野謙太
(八神隼人)
岡田将生
(松尾めぐみ)
長井短

<STAFF>

脚本
福田靖

ライターの作品コメント

ほぼ素人の脚本家である圭佑が連続ドラマの脚本を奈美のサポートによって書き進めるうちに上手く書いていける物語と思って見ていたのに全くと言っていいほどに書けないとはビックリさせられ、更に謎のスキンヘッドの男が現れて圭佑のストレスをより強く与える試練になっている様子は最高に笑えてしまい、連続ドラマが終わった頃のには圭佑が白髪の老人となっていないかと想像してしまいます。東海林が用意した若手の脚本家の如月と圭佑の考え方が対照的で、如月は自分自身を曲げない思考、対して圭佑は無理難題ばかりの東海林たちの言い分を全て叶えてしまう柔軟な思考となっていて、どちらも素晴らしいとは感じますが、メディア業界では圭佑の方がプロ意思が高いと評価されるのかなと感じられ、圭佑は無意識ながらプロの領域の思考を既に持っている所がカッコ良い気がして、圭佑自身が生み出したと思われる謎のスキンヘッド男のリアルさが自分自身を追い込むプレッシャーではなく、脚本の制作に生かせたら良いのにと思うので今後の展開でどうなるのか楽しみにしています。
30代男性

生田斗真の作品は面白いものが多く作品が出るたびに楽しく見ています。今回の「書けないっ」も、やはり面白い!!ほとんど活動していなかった脚本家が突然ゴールデンのドラマを書き始めるというはじまりで、とにかくそれぞれのキャストのキャラがいいですね。あっという間にワールドに引き込まれてしまいました。生田斗真扮する主人公が自分と葛藤しながらもドラマを書いていく様子や家族・周りの人たちを巻き込みながら進んでいく様子など、見どころは沢山ありますね。今後注目していただきたいのは、仙川先生の存在。脚本を書くアシスタントとしてどんな風を吹かせ、物語に絡んでいくのか、とても楽しみです。そしてもう一人、つるつるの今後にも密かに注目しています。そろそろ物語も中盤、今後も目が離せませんね。
40代女性

生田斗真は大好きな俳優さんなので、期待して見てみたら、期待以上に面白くて毎週楽しみな作品になっています。脚本家さんの話なので、ドラマがこういう風に作られているという裏側が知れるのも楽しいです。脚本の執筆作業中に急に現れるツルツル頭のおじさんの妄想を見てしまうシーンは、毎回インパクトがすごくてとても面白いです。家族がみんなツルツル頭のおじさんに変身してしまう妄想を見てしまったシーンは強烈で思わず大笑いしました。プロデューサーや役者に振り回されながら、徐々に形になっているドラマが最終的にどんなドラマに仕上がるのか、それとも仕上がらないのか、家庭教師が執筆活動を手伝い始めて脚本や家族はどうなっていくのかなど、これからどういう展開になるのかとても楽しみなドラマです。
40代女性

生田斗真さんの演技すごく好きです。前作「俺の話は長い」でファンになりました。程よく力が抜けていて器用で、惹きつけられる俳優さんです。ほぼ専業主夫だったいちおう脚本家の夫に大仕事が舞い込んで、自分も多忙なのに全力で応援してくれる奥さんも素敵。仲良くてうらやましいです。家もおしゃれで素敵。ドラマ制作チームの3人の、人気俳優をヨイショしておいてスタッフには無茶ぶり、いつも追い込まれてる感じが業界人っぽく、コントのように楽しいです。全体的に登場人物が少数に限られているのが見やすいポイントで、舞台を見ているようでもあり、30分があっという間に過ぎます。そして浜野謙太さんの贅沢な(?)使い方がたまらないです。
40代女性

深夜帯のドラマなのに出演している俳優陣が豪華です。イケメン俳優役の岡田将生さんは文句なしにカッコイイし、生田斗真さんと吉瀬美智子さんの美男美女が夫婦は絵になります。思わず見とれてしまいます。普通妻の方が収入があると収入格差とか夫婦間に亀裂が走るという流れになりがちですが、生田斗真さん扮する圭佑と吉瀬美智子さん扮する奈美は非常に仲睦まじいのです。圭佑は奈美の才能を高く評価していて次々と新作をヒットさせる奈美を尊敬もしています。奈美も圭佑のことを応援していて圭佑の負担にならないように苦手な家事も自ら協力しようとします。面白かったのはせっかく料理をしようとしている奈美に子供たちが拒否反応をみせたことです。小学生の空君は妙に大人びていていい味出しています。
50代女性

「書けないッ⁉」は、人気脚本家・福田靖さんオリジナル作品ですが、福田さんも脚本を書く時に口述で芝居をしながらアシスタントに打ってもらっていることで有名です。それを書けないというタイトルで脚本家の物語を書くところに興味が沸きます。生田斗真さん演じる圭佑は、ダメな男ではないと思います。妻・奈美が言うように、シングルマザーの奈美と結婚し、もともとは会社員でしたし、奈美が小説家として売れてからは家事に子育てに頑張っていました。けれど生田斗真さんが演じるとなんだか愛すべきダメ人間に見えてくるから不思議です。ツルツルがあんなに見えたら、現実だったらもっと深刻だと思いますけどね。いかにも要領が良さそうな、家庭教師がアシスタントに使ったら、良い案が浮かびそうで楽しみです。
40代女性

妻のナミが倒れて、ケイスケ一人がいろんな人から責められるのがかわいそうだなと同情しましたが、それでもケイスケに温かい言葉をかけて支えになってくれるナミが優しすぎるくらい優しい妻だなと感動します。また、連ドラが決まって、ナミの前では俄然ヤル気!と張り切ってたのに、いざ書こうとするとやっぱり書けなくてアタフタしすぎのケイスケが面白かったです。さらに、仙川が娘のエリカの家庭教師をするためのお願いにきたのに、なぜか子どもたちから逆にお願いされ、ケイスケの脚本を書く手伝いをすることになってしまったというオチが面白かったです。やっぱり一人じゃ書けないのか!?と思ってしまう生田さんの頼りなさそうな演技が上手で、心からケイスケを応援したくなる作品です。
30代女性

ドラマ「書けないッ!?」を観て、「脚本作りに向き合う圭佑」と「空回りばかりの恋」が良かったと思いました。まず、脚本作りに向き合う圭佑についてです。このドラマでは、人気が出ない脚本家・圭佑の様子が描かれます。圭佑は、経験がない連続ドラマの脚本を任されてしまい、ドラマ関係者たちからの無茶な要求もあり、心が折れそうになります。それでも、家族に支えられながら真摯に脚本作りに向き合う圭佑に好感を持ちながら観ていました。次に、空回りばかりの恋についてです。圭佑の息子の家庭教師をしている仙川は、女子高生である圭佑の娘に好意を寄せていますが、まともに話すこともできません。年下への恋に悪戦苦闘する仙川が可愛らしく、ときめきながら観ていました。
20代女性

売れない脚本家の吉丸圭佑が、ひょんなことからゴールデン枠連ドラを書くことに。話もスピーディーに進むしコメディー要素もあって観ていて楽しいです。特にテレビ局側の担当者3人と圭佑のミーティングのシーンはドタバタで、岡田将生演じる俳優・八神隼人のマガママが加わり毎度、笑ってしまいます。家族の心情も上手く盛り込まれていて妻、娘、息子が父親の圭佑を応援して手助けしています。「パパには仕事頑張って欲しいもん。」と子供たちが伝えた場面は感動しました。後の気になる登場人物は2人いて、家庭教師の仙川とツルツル男です。仙川は圭佑の助手として巻き込まれて今後どう絡んでくるか、ツルツル男はいつ登場して何を言うのか、やられっぱなしでは無いはずなので面白くなりそうです。
40代男性

登場人物がそれぞれキャラクターがしっかりしていて、特に生田斗真の振り回されっぷりがおもしろいです。アイデアを捻り出した時のドラマ制作側の3人の掛け合いもコミカルです。ツルツルは初めて見た時はあばれるくんかと思いました。個人的にはあまり好きになれないキャラクターなので、頑張って打ち勝って欲しいです。岡田将生のスター役、わがままなことばかり言っていますが、かなりハマっていて嫌味を感じないキャラクターです。これからも生田斗真を振り回していくんだろうなと思い楽しみですし、脚本が書けるように応援したくなります。おもしろいコメディー要素のあるドラマなので、いつもすぐ見終わってしまい、次週が楽しみです。
30代女性

脚本家の仕事も知らなければどんなことをするかも全く知らなかったので、この作品でとても勉強になりましたしそんないろんな人が関わって脚本を書いていることが衝撃でした。現実ではあんなに雑な頼まれ方とか俳優からの要望をすべて受け入れたりとかはしてないよなと確認したくなるくらいでした。家族もみんな仲が良くて旦那さんが家庭に入って奥さんが仕事をばりばりするっていうのもいいなと思いました。個人的に大好きなのが菊池さん演じる仙川くんで完全に家庭教師をクビになることしかしていないのに、両親に告げ口しないでいてあげている弟君がとても良い子だなと思っています。その姿をたまにこっそり見ているお父さんもおもしろくて好きです。
20代女性

全体的なコミカルなタッチで展開するストーリーには、リズム感があって、楽しいのにぐっと引き込まれてしまい1話目から大好きになりました。圭佑と奈美が結婚するまでの時系列をすごろくにして説明してくれたり、脚本が浮かばずに悩んでる圭佑の目の前に、突然スキンヘッドの男が現れたり、私にドンピシャでハマる演出がいっぱいで毎回ワクワクしちゃうドラマです。周りの人たちに振り回されながらも、逃げ出さずに必死に描き続ける圭佑の姿を見ていると、本物のプロだと思います。やり手の脚本家だと前評判が高かった如月なんてすぐに逃げ出したのに、一つの作品を創り上げることに大切なことは、何よりも逃げずに向き合い続けることだと、このドラマに教えられました。
40代女性

生田斗真さんがツルツルと戦って行くのが、お腹を抱えて笑ってしまいました。ツルツルの衝撃と張り合って負けてしまってお漏らししてしまったり、勝ったらツルツルが飛んでいってしまったり、遊び心が満載で面白いです。菊池風磨さんが毎回、インターホンからの登場で、お姉ちゃんのことがすぎすぎて心の声がダダ漏れで、弟に突っ込まれながら、自分の世界観に入り込んでいるところがとても面白いです。脚本家として歴もないけれども連ドラを書かせるという荒技にもびっくりだし、その主演が岡田将生さんというのも驚きで、スタッフさんたちの適当さに笑ってしまいます。北村さんの芸達者な芝居がテンポ感が絶妙で最高です。全体的にテンポが速くて続きが気になるのがとてもいいです。
20代女性

毎週ワクワクしながら、見ています。30分なので、時間があまりない時でもサクッと気軽に見れるので良いですね。それぞれの配役もピタリとハマってると思います。生田斗真さんはもちろんですが、プロデューサーの北村有起也さんや監督の小池徹平さんも上手いです。友情出演ですが、主演俳優役の岡田将生さん が結構ノリノリで演じていて楽しいし上手いと思います。番組制作の現状が本当かフィクションかわかりませんがこんな感じでドラマは作られられるのかとすごく勉強になって面白いです。テレビに出てるのは役者さんだけですが、プロデューサーや監督、脚本家も大変なのですね。そこを訴えかけてくるドラマだからこそ見ごたえがあります。今後も圭佑が脚本をなんとか最終回まで書けるのか、楽しみに見たいと思います。
30代女性


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました