神様のカルテ 無料動画

ドラマ

この動画を今すぐ

2週間以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

神様のカルテ 動画を無料視聴できるサイトリンク

この作品は
動画配信サービスを提供する
Paravi全話視聴可能です!

■Paraviのここがすごい

  • 登録した最初の2週間は
    会費がかかりません!

    ※2週間後からは
    お支払いが発生します。
  • ドラマ特化のParavi
    国内では最大級
    ドラマ作品の宝庫
    です。
  • 見逃し作品を探してますか?
    Paraviは
    国内ドラマやバラエティを独占配信
  • パソコン・スマートフォン・タブレット
    様々な媒体から視聴可能です。
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

神様のカルテ 無料で動画を見る前に詳細情報を確認!

メインストーリー

夏川草介原作の同名小説を
福士蒼汰主演で映像化。

24時間、365日対応の病院で
働く医師・一止(福士)が、
患者や恩師との別れ、
地方医療の現実を目の当たりにし、
「良い医者とは何か?」を
追い求める姿を描く。

妻・ハル(清野菜名)に
支えられながら診療をこなす一止に、
母校の医局から誘いの声が掛かる。

一止の師匠・大狸役は北大路欣也。

キャスト・スタッフ

<CAST>

福士蒼汰
清野菜名
上杉柊平
大倉孝二
大島優子
イッセー尾形
北大路欣也

ライターの作品コメント

大きな病院を舞台として最先端の医療現場だったり派閥同士の激しい対立を描いたドラマや、反対に過疎地域の小さな診療所で孤軍奮闘する医師の姿を描いたドラマはありましたが、人手が足りず、設備や態勢も十全でないことで様々な葛藤を抱える地方の病院を扱った作品はあまり見ないので、目新しさの点で期待十分です。また、主人公とその奥さんのちょっと浮世離れしたような、穏やかで優しい独特の雰囲気は本作の重要な部分だと思うので、外見の点から言えば少々意外性のあるキャスティングですが、夫婦役の俳優さんたちには是非ともしっかり再現して欲しいと思います。病院を取り囲む風景もまた、物語全体の流れに欠かせない大切なファクターなので、長野県松本市の美しい景色を上手く活かした演出を楽しみにしています。
30代女性

“福士蒼汰さんの医者役という事で、どんな医者を表現するのだろうと思っていましたが、期待以上の仕上がりに大満足しています。というのも、夏目漱石を敬愛していて、そのために古風な口調になっているなんてユニークな感じだし、彼のかもし出す雰囲気とも絶妙にマッチしていて、毎回ドラマを観るのが楽しみになっています。そんな柔和な雰囲気の下には、医療や患者さんに対する熱い思いが溢れていて、時たま見せる真剣な言葉や表情にいつもグッと惹きつけられています。そして、ストーリーも特に人の気持ちにスポットをあて、本庄病院に勤める医師や看護師らも温かみのある人々なのも、穏やかな気持ちで観られるので、気に入っているもう1つのポイントです。「医者の話をしているのではない、人間の話をしているのだ」という言葉が、ズンと心に響きました。良いドラマです。
50代女性”

大島優子さんの演技にとても感慨深くなりました。アイドル時代から明らかに突出していた演技力がここ数年で更に磨きがかかっていて、それをこのドラマで観ることができて本当に嬉しかったです。引き込まれるような見事な演技に加えて、年を重ねても衰えない美しさにうっとりとしてしまいました。患者さんに対する慈愛に満ちた眼差しは聖母マリアに匹敵する素晴らしさがありました。私もあんなふうに温かな目で見てもらいたいなという欲がふつふつと湧き上がってきました。不謹慎と知りながら風吹ジュンさんに嫉妬心が芽生えました。そのくらい、大島優子さんが素敵すぎてたまらなかったです。一方で、風吹ジュンさんの柔らかな表情にとても癒され、宮澤エマさんの美貌やら演技に圧倒されました。
20代女性

観る前からそれなりの覚悟をしていたはずだったのにも関わらず、主演の福士蒼汰さんのかっこよさにノックアウト寸前の状態に陥りました。こんな頭のてっぺんからつま先に至る全てがイケメンの粒子でできているかのような人間が医療に携わるというその設定だけでも興奮していました。一方で、地域医療の実態はやっぱり観ていて心苦しい気持ちになりました。私は比較的田舎には住んでいても医療の面で困ったことがない暮らしをしてきたこともあって、少なからず愕然としました。その分、患者さんたちとの距離の近さがあるのは素敵なことだと思ったけれど、地方の病院にも政府から国から資金的な施しをもっと受けるべきなのではないかと深く考えてしまいました。心を温めてくれるだけでなく、現実とも向き合わせてくれる非常によく考えられたドラマだなと感心しました。
20代女性

ついつい映画「神様のカルテ」と比べてしまうと思いながら見ていましたが、結果的に同じくらい面白かったです。むしろ、福士蒼汰さん演じる一止の方がキャラが立っていて魅力的に感じました。一止は変わり者で、医者として良い仕事をしていますが、決して聖人という感じではなく、かといって寝る間もないのに割とプライベートも充実していて生身の人間という感じでもなく不思議な存在感です。気になるのは、妻を大切にし過ぎているわりに仕事でのパートナー看護婦・東西への態度に尊敬の念を感じられず、逆に東西へ心を許しているように見えました。リアルな医療現場のようで、ちょっとファンタジーな雰囲気が見ていて心地良かったです。福士蒼汰さんの代表作になりそうな予感がしました。
40代女性

長野の清々しい風景を見るだけで肺の空気が入れ替わるような気持ちになります。「365日24時間」とスーパーのようなモットーを掲げる本庄病院。内科医の栗原は40時間連続勤務とまるでアメリカのドラマを思い出すような激務です。彼の前時代的な話し方が奇妙でしたが、それがマイペースを保つ秘訣かも。ずっと診てきた患者の死にも夏目漱石の小説を読んでいるような心の声に悲しみと距離を取れるのを感じます。しかし疲れすぎて、先輩医師を密かにつけているあだ名で呼んでしまううっかりシーンには笑いました。住んでいる“御嶽荘”がまた昭和の安いアパートのような、旅館のような不思議な造りで趣があります。暮らしているのが「男爵」や「学士」と住まいにマッチしたあだ名がついていて味があります。しかし「学士」と言われることが彼にとってどれだけ皮肉なことだったのか。明かされた彼の真実は切ないものでした。患者はもちろん後輩にも目配り出来るしっかり者の看護師・東西。大島優子が演じることで柔らかさが加わったように思います。患者だけでなく周囲の人間たちのエピソードもいくつもあり濃密なドラマとなっています。
60代女性

福士蒼汰が主演でしたが、つい櫻井翔主演の映画版と比べてしまいました。同じ夏目漱石の小説みたいな語り口調でしたが、福士蒼汰のほうが自然な感じがしました。彼自身が「普段からそんなしゃべり方してのか」と感じたくらいです。その分、変人度は櫻井翔のほうがまさってました。でもその結果、本ドラマのほうが「医師の役割とは何か」に悩む主人公一止の姿に共感しやくなったと思います。ナレーションがはいるのでドラマの展開や一止の心情がわかりやすく気楽にドラマを視ることが出来ました。その説明口調がまた漱石調で、「吾輩は猫である」や「坊っちゃん」を読んでもらっている気分になるのも良かったです。終末期医療という暗いテーマを扱っていながら、ほんわかとした明るい気分でドラマを視終わることが出来て満足です。
50代女性

栗原先生と患者さん、そしてナースの皆さまとの交流がとてもリアル感があって、見入ってしまいました。栗原先生の独特の話し方は、聞き慣れないのですが、なぜか心に刺さり、印象的でした。学士さんが高卒なのにも関わらず、大学卒業しているという嘘をついて一緒に住んでいたことに対する罪に苦しんでいたという告白をした時、栗原先生は「そんなこと知っていた」と、なんの驚きもせずにあっけらかんと言い放ったところがとても驚きました。東西さんとのコーヒーを交えたトークはとても親しみを感じられて、ほっこりもしました。大学病院へ移るという選択を断り、地域医療に特化した休みもまともに取れないくらいの多忙な病院に残る決意をした栗原先生には尊敬します。
30代女性

栗原一止(福士蒼汰)のような医師に出会えたら、幸せだと思います。患者を一人の人間として大切に扱ってくれて、安心して最期を迎えることができそうです。栗原医師と患者の安曇さん(風吹ジュン)との交流に、胸が熱くなりました。ここまで患者に信頼される医師は、なかなかいないと思います。あまりの多忙さに「良い医師とは何か」ということを考える余裕がないのが現状なのかもしれませんが、栗原一止のような医師が増えていってくれることを願います。また、東西看護師(大島優子)や水無看護師(伊原六花)が、真剣に患者さんと向き合っている姿が印象的でした。確かに治療だけが医者の仕事ではないと思います。医療のあり方について、深く考えさせられるドラマでした。
60代女性

以前に公開された映画とはキャスティングが変わっていたこともあり、また違った雰囲気が楽しめるのではないかとわくわくしています。医療ドラマといえば難しい手術や医師同士のいざこざがよく描かれていて深刻なイメージですが、本作はあたたかい作風になっているようでほっとしています。そのため親しみやすそうです。医師の一止を演じるのは福士蒼汰さんですが、原作の心優しいイメージがぴったりでした。福士さんのファンのため、キャストが決まったときは嬉しかったです。放送前に公開されている画像に挙がっていた白衣姿には惚れ惚れしました。一止は優しいキャラクターで、毎回癒されそうだなと思いました。作中では一止の言動に注目したいです。
30代女性

福士蒼汰さんの初めての医師役にとても新鮮さを感じました。そして今まで爽やかな都会的な青年のイメージだったのが全く違うほのぼのした人物に驚かされました。役の幅が広かった感じがします。夏目漱石に影響を受けた話し方も古風な感じで安定感があります。24時間365日対応の病院は診療に追われ医師や医療従事者たちは疲労を抱えています。しかしどこまでも患者さんに明るく優しく接している姿はとても好感が持てます。上司にあたるイッセー尾形さんと北大路欣也さんのキャラクターも素敵で地方病院の温かさが満載です。あだ名の古狐や大狸もぴったりでたまにその名で呼んでしまうシーンにはクスッとさせられました。ほのぼのしている中に医療の限界の厳しさがありとても考えさせられるドラマです。
50代女性


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました