進撃の巨人 The Final Season 無料動画

アニメ

この動画を今すぐ

2週間以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
初回2週間無料
ポイント利用視聴

進撃の巨人 The Final Season 動画を無料視聴できるサイトリンク

この作品は動画配信サービスを提供する
FOD全話視聴可能です!

月額976円(税込)でとにかくお得
初回登録の方は、
無料で2週間お試し視聴できます。

■FODのここがおすすめ

  • 現行作品の見逃しはFODにおまかせ!
  • アニメ作品、海外ドラマ作品も
    FODは強化して揃えています。
  • 毎月合計1,300円相当のPointをゲットできます。
    ポイントを利用して、見放題作品以外も視聴可能
  • 読み放題雑誌はなんと130誌超え
  • 対象漫画は無料で読めます
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
初回2週間無料
ポイント利用視聴
月額976円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
×31日間無料
月額2,189円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

進撃の巨人 The Final Season 無料で動画を見る前に詳細情報を確認!

メインストーリー

壁の外の真実、そして巨人の正体。

それらを知ってなお、
自由を求めて進み続ける。

エレンたちが住んでいた
パラディ島を長年脅かし続けてきた、
ライナーたちの祖国であるマーレ。

新たな舞台で、
エレンたちの物語は終局へ向け加速していく。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(エレン・イェーガー)
梶裕貴
(ミカサ・アッカーマン)
石川由依
(アルミン・アルレルト)
井上麻里奈
(コニー・スプリンガー)
下野紘
(サシャ・ブラウス)
小林ゆう
(ヒストリア・レイス)
三上枝織
(ジャン・キルシュタイン)
谷山紀章
(ライナー・ブラウン)
細谷佳正
(ハンジ・ゾエ)
朴路美
(リヴァイ)
神谷浩史

ライターの作品コメント

制作会社がMAPPAになりこれまでと変わりましたが、陰惨な雰囲気を描くのがとても上手いです。まずオープニングからトラウマになりそうな映像のオンパレードで「世界は残酷だ」という進撃の世界観をよく表しています。エレンとその周りの調査兵団たちの関係性が今まで変わってきたので戸惑う人もいると思います。そういう意味でエレンの「何を映しているか分からない瞳」の描き方がすごくて感嘆してしまいました。個人的には立体起動装置を使うシーンが好きで、暗闇から調査兵団が迫ってくる様子が素晴らしいと思います。特にリヴァイ兵長が獣の巨人を刈るところは獣の巨人目線でリヴァイ兵長の鬼気迫る表情を見ることができてゾクゾクしました。
40代女性

いよいよ、シーズン1・2・3で丁寧に張られた伏線の答え合わせ編が始まり、一話一話が見逃せません。私はシーズン1・2・3でエレン達がどのようにえげつない過酷な環境下で前を向いて頑張ってきたからこそ、外側の世界で待っていたどこまでも差別され拒絶される世界は絶望でしかないし、エレンの目が死んでるのもすごく解る。島の人間は悪魔だと教わって育ったガビ達にとってそれが真実なのだからしょうがないのだけど、ガビ達が家族を殺される気持ちもわかるけど、お前らの先輩もエレンの母親を食ったんだぞとでもそんなことを言ってもしょうがないということを作品全体を通して見せてくれるヤバい作品です。リアルタイムで目撃できたことを誇りに思います。
30代女性

遂に始まりましたファイナルシーズン、多くのファンが待ち望んだ事と思います。壁の外のお話、普段見慣れないキャラクター達に戸惑う方も多いと思いますが、物語の大事な要素が多く詰め込まれた話です。何故巨人が生まれたのか、何故壁に囲まれた世界になっていたのか、民族間の歪な関係が背景にあることを知る、これまで多くが謎だった、進撃の巨人シリーズの最終章となっております。映像美や、素晴らしい音楽という事は言うまでもありません。是非、1stシーズンから視聴し、そして原作を読んでからこの作品と向き合ってほしいと思います。原作でストーリー進行を知っている人は、これから起きる多くの悲しいシーンがある事を知ってますが、それもどの様に描かれるのか、楽しみです。
30代男性

この先進撃の巨人を超える作品に出合える気がしないほど大好きな作品です。深すぎるしハマらないわけがない。シーズン1では考えられない規模の話になっていてアツい。シリアスな内容から全体を通して緩いシーンが殆どない。緊張感、緊迫感が常にあるから自分もアニメの世界に入ってしまったような感覚になる。緻密なストーリーや伏線回収と戦闘シーンの作画の綺麗さには驚かせられます。毎週毎週「え、もう終わり⁉来週まで待てない。」と口にしてます。残念ながら漫画はまだ読んでいないのでこれからどうなっていくのかがまだわからない状態。でもそれを利用して、たくさん考察を並べて一緒に見てる恋人と長い時間話し合いができるので楽しいです。完結したらこれから何を楽しみにしたらいいのかわからないほど面白いです。
20代女性

パラディ島ではなく、ライナーやエレンの父の故郷であるエルディア人収容区のレベリオが舞台となっております。まず最初はエレン、ミカサ、アルミンが全く出てこないので驚きました。見るアニメ間違えたかな?と思ったくらいです。パラディ島を襲撃したライナー、ベルトルト、アニを派遣した経緯などが次々と明かされていきます。彼らには彼らなりの正義があり、自分たちの誇りのためにパラディ島の人たちを憎んでいるのです。エレンたちもまた故郷を踏みにじられた憎しみに燃えています。今までは巨人が憎い、ライナーたちが憎い、とエレンたちと同じように考えていましたが、それぞれの正義は確かにあることが分かっていきます。復讐の心はどこで断ち切るのが正解なのだろうか、と深く考えさせられるアニメです。
20代女性

進撃の巨人ほど、毎回の話に驚きと興奮がある作品は他にないです。予想を遥かに超える展開と設定についていくのがやっとですが、それがこの作品の最大の魅力だと思っています。主人公であるエレン・イェーガーが独断によって戦争の火蓋が切って落とされたわけですが、壁内のエルディア人側の少数精鋭による手際の良い統率された立ち回りによって、マーレ軍側の巨人を制圧していきます。壁内のエルディア人側はいわばアウェイで戦力的にも圧倒的に不利だと思われましたが、そこを覆す大躍進に驚き、とりあえず安心しました。しかし、主人公側の進撃の巨人ならではの悲劇が一応回避されたと思いきや、エレン、ミカサ、アルミンらの同期であるサシャが凶弾に倒れました。非常に悲しい死でしたが、サシャが戦場の真ん中ではなく、仲間に看取られながら亡くなったことが救いでした。次週からの展開も楽しみです。
20代男性

ファイナルシーズンの放映の前には、総集編で以前の作品を思い出すようにしており、すんなりとファイナルシーズンを理解しやすくしてました。そのかいもあって作品の内容は、今までの作品よりも、バトルシーンは緊迫度がアップしており、特に6話や7話においては、巨人同士の戦いは、どうなるか、先のわからない展開になっていました。また新しいキャラクターとしては、新しい巨人が登場していたのですが、割と強い巨人に設定されていて、ものすごくよい作品になってました。新しい巨人の名前は”戦槌の巨人”と呼ばれるキャラクターでしたが、弱点が少なく、すごく強いがたった一つ弱点を見破られて、エレン・イエーガーが巨人化しているやつに、食い殺されるキャラクター設定で、いつも驚かされる同作品の良いところが生かされており、今回のシリーズも最終話が楽しみです。
50代男性

ファイナルシーズンの冒頭は、前シーズンの最後と全く繋がりがなかったので1話目は話についていけなかったのですが、次第に話が見えはじめ、途中からは凄まじいスピードでの伏線回収・物語進行が始まってもう毎話ドキドキです!エレンが巨人に変身するシーンと、戦槌の巨人がエレンに食われるシーンは本当に迫力があって印象に残っています。また、自分たちの故郷が踏みつけにされた過去の恨みからマーレを襲撃していますが、それは新たな憎しみを生むに過ぎない。そのことを分かっていながら、葛藤しながらも戦い続けているジャンやサシャ、コニー等の初期メンバーにもかなり深く感情移入してしまいました。あと、やはり進撃の巨人の選曲は最高です。
20代女性

とにかく最高でした!画質が綺麗で選曲が素晴らしいのは前のシーズンと同様ですが、1期からの伏線をすさまじいスピードで回収していて毎回一瞬たりとも目を離すことができません。また、1期2期はだらだらと物語が進んでいく部分もあったのですが、ファイナルシーズンに入ってからはテンポ良く物語が進んでいくので毎週の更新がとても楽しみですし、毎回見応えがあります。印象に残っているシーンは、サシャがガビに狙撃され、命の炎が消える間際に肉と言い残したシーンでした。訓練兵時代の彼らのエピソードなどが一気に頭をよぎり、涙を堪えることができない名シーンだったなと思います。リヴァイ兵長の戦闘シーンも久々に見ましたがやはり格好良かったです。
20代女性

大陸にエレンが素性を隠して潜り込み、何をするのかわからない静かな展開が続きますが、ダイバーの演説シーンを皮切りに怒濤の展開が続いて目が離せなくなります。今まで登場した巨人の登場と、大陸で初めて出会う戦鎚の巨人とのバトルは怒濤の展開が続きますが、finalseasonにてエレンが巨人の力を使いこなす様子が見れてワクワクします。巨人の力を手に入れたときは、意識を失って仲間を攻撃したり、周囲の展開にパニックになっていましたが、硬化能力を駆使して戦い、敵の巨人の力を利用するなど冷静に立ち回るシーンはとても格好いいです。ミカサやアルミン達のお馴染みの仲間が登場し、巨人化したエレンとの連携も一段と強化されており、finalseasonでの成長した姿を見れる戦闘シーンはお勧めです。
30代男性

シーズン3までとはまったく違う舞台、登場人物で始まるため、最初はどういう時系列の、何の話かわからず、置いてけぼりにされたような感覚になりましたが、話が進むにつれ、現状や謎が解明されていき、とても没入できて一気に惹きこまれました。今までの「敵」サイドの視点から世界の状況が明かされていき、戦争はお互いにそれぞれの「正義」があり、戦う人々もまたそれぞれの「戦う理由」があるのだということが「巨人」という非現実的要素を交えているにもかかわらず、とてもリアルに描写されていてとても考えさせられました。今までの凄惨な戦いを生き抜いてきた104期生の絆や、新兵との考えの違い、葛藤や悩みもリアルに描かれていて共感できるいい作品だと思います。
30代女性

好きなシーンは戦鎚の巨人をエレンが食べるシーンです。エレンと戦鎚の巨人が戦ってようやく倒せそうなところで、戦鎚の巨人はアニと同じように結晶化してしまい、アニの結晶と同じく結晶はとても硬く壊す事が出来ませんでした。しかし、そこに顎の巨人が現れ、エレンが戦いの中で顎の巨人には結晶を壊す力があることに気付いた時は見ていてとてもわくわくしました。エレンが顎の巨人の口に戦鎚の巨人の結晶を無理矢理咥えさせ、結晶が砕けた時はとても爽快感がありました。味方である顎の巨人の力によって殺されてしまった戦鎚の巨人のことを思うと少し切なさも感じました。今までにない展開で面白かったです。また、エレンだけでなく、調査兵団の強さもパワーアップしていて、戦いの展開が早くとてもわくわくします。調査兵団の以前と制服が変わり、全員雷槍で戦っているのにも関わらず、リヴァイ兵長だけ、旧調査兵団のマントをつけて、ブレードで戦っている姿もとてもかっこよくて最高です。
20代女性

社会現象を巻き起こした超大ヒットアニメ「進撃の巨人」。Final Seasonではこれまでのキャラクターや世界観とはガラッと変わり、まったく新しい観点から進撃の巨人というストーリーを紡いでいきます。巨人と人類という対立軸を大きく超えて、人と人の対立、国家の対立という政治的ストーリーが展開されます。とにかく重厚で深く、難しい話です。その一方で、戦闘シーンの迫力は過去のシリーズに負けていません。重い背景を抱えているからこそ闘いにも意味があります。単なるバトルものアニメにはない息苦しいまでの緊張感のある闘いが印象的にです。過去に登場した人物像が大きく変わってしまってショックを受ける人もいるかもしれません。それくらい作風の違う、ただそれでもやはり素晴らしい進撃の巨人です。
40代男性

ファイナルシーズンからガラッと物語や登場人物の雰囲気、絵などすべてが変化しており、今まで以上に食い入るように観ています。私にとってここまで伏線の多いアニメは初めてで、わくわくしておりましたがファイナルから徐々に衝撃の答え合わせのような新事実が次々と分かり目が離せません。ですが、これがまた伏線回収だけではなく、新しい物語が始まったかのような印象もあります。まだまだ残る伏線も多く、最後はどうなるんだろう、あとどのくらいで終わるんだろうなど気になる事ばかりです。エレンとエレン以外の仲間には違う空気が流れているというか今までにあった信頼関係が崩れたような感じがしていてエレンの抱えているもの、考えていることがなんだろうと気になっています。
30代女性


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました