コウノドリ第2シリーズ 無料動画

ドラマ

この動画を今すぐ

2週間以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

コウノドリ第2シリーズ 動画を無料視聴できるサイトリンク

この作品は
動画配信サービスを提供する
Paravi全話視聴可能です!

■Paraviのここがすごい

  • 登録した最初の2週間は
    会費がかかりません!

    ※2週間後からは
    お支払いが発生します。
  • ドラマ特化のParavi
    国内では最大級
    ドラマ作品の宝庫
    です。
  • 見逃し作品を探してますか?
    Paraviは
    国内ドラマやバラエティを独占配信
  • パソコン・スマートフォン・タブレット
    様々な媒体から視聴可能です。
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

コウノドリ第2シリーズ 無料で動画を見る前に詳細情報を確認!

メインストーリー

原作は鈴ノ木ユウの同名漫画で、
2015年10月期に放送されたドラマの続編。

冷静な判断力と患者に寄り添うことを
ポリシーとする産婦人科医、
またあるときは謎多き天才ピアニスト
「BABY」という2つの顔を持つ
主人公・ サクラ(綾野剛)。

「生まれること、そして生きること」
をテーマに、サクラの奮闘を描く。

共演は松岡茉優ら。

キャスト・スタッフ

<CAST>

綾野剛
松岡茉優
吉田羊
坂口健太郎
浅野和之
江口のりこ
星野源
大森南朋
佐々木蔵之介
志田未来
宮沢氷魚
松本若菜
泉澤祐希
高橋メアリージュン

ライターの作品コメント

“ドラマ「コウノドリ第2シリーズ」を観て、「それぞれの関係性の変化」と「各話を盛り上げるゲスト出演者の方々」が良かったと思いました。まず、それぞれの関係性の変化についてです。このドラマでは、産婦人科医とピアニストという2つの顔を持つサクラの様子が描かれます。サクラは、一緒に働く産婦人科医たちと仲良く過ごしていますが、一緒にいる年数が重なるにつれて少しずつ関係性に変化が生じていきます。絆が強い中でも変化していく関係性を楽しみながら観ていました。次に、各話を盛り上げるゲスト出演者の方々についてです。各話には、患者たちやその家族を演じるゲスト出演者として、福田麻由子さんや清野菜々さんなどが登場します。優れた演技力で物語に華を添えるゲスト出演者の方々を、毎回楽しみに観ていました。
20代女性”

パワーアップしていて更に感動の作品です。医者として人間として、人の命に関わり自分の進むべき場所を探していく。新たなメンバーも加え、新しい命の誕生と向き合っていくところは心に響きます。産まれるまでではなく、産まれてからもしっかりサポートしていくのも素敵だなと思いました。今お産のできる病院が少なくなっている中でお母さん一人一人にしっかりサポートしてくれる病院があったらいいのになと感じました。毎話毎話新しい命のな誕生が見られて涙が止まらなくなります。母親とはなにか。親になることの凄さ大変さをとても感じられます。難しい問題もしっかり物語で教えてくれるので勉強にもなるし、リアルでは見られない誕生の瞬間までしっかりあるので最高のドラマだなと思います。20代女性

女性として生きていく上で出産は必ずしも必要なことなのかを深く考えさせられました。私自身、子どもを授かることができない体であるが故に吉田羊さん演じる小松先生の置かれた状況はより一層深刻みを帯びていているように感じました。赤ちゃんがいることで得られる幸せも当然あるし、一方で、出産を選択しなかったことで得られる幸せも確かにあると頭では思っていてもどこか釈然としない気持ちに駆られるのは、世間的に「女性=いつかは子どもを持つ人種」としての認識があるからなのだと思いました。こういった固定観念がいつの間にか刷り込まれているから、選択を迫られた時にすぐに判断を下すことができないのだと思うと胸が苦しくなりました。少しでも多くの女性が産まないことを選択できる世の中になって欲しいと切実に思いました。20代女性

少ない人数で仕事を回すのは辛い、それでも、1人でも多くの赤ちゃんやお母さんと真摯に向き合おうとしてくれる先生方の熱い思いが胸に刺さりました。医療に携わる方々の苦労が随所から見受けられて、政治や国負担でもっと援助の手を加えることができたらいいのになと思いました。ランチの時間もまともに取れない、四宮先生に関してはいつでもジャムパンで栄養的に心配だし、忙しさのあまりなかなか家に帰れない今橋先生、あらゆる場面で気になるところが多くて観ていると心苦しくなりました。そして、これが現実問題として挙げられていながら対策を練られないことに愕然としました。こんな身も心も削られそうな激務の中でも笑顔を絶やさずに出産の悩みや不安を打ち明けるお母さんに寄り添ってくれる優しさに涙が出ました。20代女性

“ペルソナのスタッフたちの奮闘ぶりや作中に出てきた言葉に感動した作品でした。最終回では助産師の武田が羊水塞栓症で命が危ぶまれる事態になりましたが、ペルソナのスタッフたちの大奮闘によって助かりました。心拍が回復したときは感動のあまり涙が出てきました。ラスト本当に素晴らしい展開だったと思います。作中には「命が生まれるのは奇跡だ」という言葉が度々出てきていましたが、このドラマを観ていると頷けました。作中では生死に関わるような出産、産後うつなど出産が難しい状況が取り上げられていて、無事の出産が奇跡に思えてきたからです。観た後自分を産んでくれた親に心から感謝を伝えたくなりました。命の大切さを改めて噛み締めた作品でした。
30代女性”

サクラの離島でのできごとから始まりました。離島では出産も命がけだと痛感し、サクラはまた成長したようです。その後はサクラを中心としたペルソナのみんなのチームワークもよく、難しい出産を成功させるのを安心して見ていました。四宮は妊婦にはやや厳しいですが、以前より話すようになり、笑顔も見られるようになったのが良かったです。その後、メンバーはそれぞれの夢に向かって行きます。四宮は、父が亡くなり、故郷の能の病院に行くことを決めます。先進医療を求めてきた四宮が地域医療の大切さに気づく場面に感動しました。白川は、成長するために新しい病院に行きます。下屋が寂しそうでしたが、さわやかに見送るところも良かったです。小松は、病院をやめて母親のための施設を作ることに決めます。みんながバラバラになったのは寂しかったですが、それを見守るサクラの微笑み、BABYのピアノの優しい演奏が、大人も赤ちゃんも包んでいるようで素敵なラストでした。60代女性

“毎回人間の命の尊さを実感できるドラマです。出産する母親も生まれてくる赤ちゃんも命がけで、一人の赤ちゃんの誕生のために多くの人の手があって生まれてくるということがこのドラマを見て初めて知りました。子どもから大人まで命の大切さや産まれてくる奇跡を感じられます。命を授かるだけでも奇跡なのですが、産まれてくるまでに母親は何度も試練を乗り越えて薬一年大事におなかの中で命を育てるということは当たり前ではないということを実体験をしていなくても伝わってくる内容でした。難しい話のようにも見えますが、見てみると意外と子どもにも伝わりやすい内容で時々赤ちゃんが出てくる瞬間はとても可愛くて癒されます。ぜひ家族そろって、見たいドラマです。
20代・女性”

前作もとても感動し好きな作品だったので、続編が放送されてとても嬉しかったです。綾野剛さん演じるサクラを中心にペルソナで働く産婦人科医達の心情が描かれながらも、毎回様々な理由で産婦人科にやって来る人達の話が丁寧に描かれていて、同じ女性として苦しい決断をするシーンがあったりもするので、感情移入し過ぎて見ていて辛くなることもありましたが、どのシーンも愛が溢れていて救いがあり、とても温かい気持ちになるドラマでした。前作ではあまり描かれていなかった星野源さん演じる四宮のパーソナルな部分を知ることができたのも良かったですし、綾野剛さんのサクラとして寄り添うような優しい演技は相変わらずでとても素敵でした。30代女性

コウノドリ第1シリーズも大好きで、期待大の第2シリーズです。主人公サクラ先生はじめ、四宮先生、下屋先生、助産師の小松さんなどおなじみメンバーのその後が見られるのはとても嬉しいです。今シリーズも、患者さんそれぞれがトラブルや問題を抱えています。がん、心臓病、切迫早産など大変な病気を抱えながら、みんな赤ちゃんが無事に産まれてきてくれるようにと、患者さん、家族、そして、サクラ先生はじめ、病院のスタッフみんなが力をあわせていくところに毎回感動します。赤ちゃんが無事に産まれるとこちらまで涙が出ます。四宮先生が実家に戻り、そこで実家の病院でのお産に関わるシーンでは、四宮先生にも実家があって親がいて、過去いろいろなことがあって今の四宮先生がいるんだなと、お父さんとのやりとり含めじーんとしました。小松さんの病気だったり、下屋先生が仲良くなった患者さんとのやりとりだったり、それぞれの登場人物のプライベートや深い話も共感できるところが多く感動しました。男性女性年代問わずおすすめのドラマです。40代女性

第1シリーズと第2シリーズ合わせてとにかく大好きな作品です。主演の綾野剛さんがやさしくて、穏やかで、芯は強くて、腕のいい産婦人科医をとても素敵に演じていて、数ある綾野剛さんの作品の中で一番のはまり役だと思います。脇を固める俳優さんたちもとても素敵な方々で、吉田羊さんが実際ににいそうな感じの優しくて頼りになる助産師さんを演じられていていましたし、松岡茉優さんは若いけど一生懸命な産婦人科医、坂口健太郎さんは、まじめで優しい小児科医で、大好きな俳優さんたちばかりでした。産婦人科がテーマなので、赤ちゃんが生まれる幸せなお話ばかりではなく、病気をもっている赤ちゃん、悩むお母さんなど、辛いお話もでできますが、先生たちのチームワークのよさで進んでいく物語に見入りました。綾野剛さん演じるサクラが変装して弾いているピアノのシーンもとても見どころです。ピアノの音に癒されます。50代女性


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました