ゲキカラドウ 無料動画

ドラマ

この動画を今すぐ

2週間以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

ゲキカラドウ 動画を無料視聴できるサイトリンク

この作品は
動画配信サービスを提供する
Paravi全話視聴可能です!

■Paraviのここがすごい

  • 登録した最初の2週間は
    会費がかかりません!

    ※2週間後からは
    お支払いが発生します。
  • ドラマ特化のParavi
    国内では最大級
    ドラマ作品の宝庫
    です。
  • 見逃し作品を探してますか?
    Paraviは
    国内ドラマやバラエティを独占配信
  • パソコン・スマートフォン・タブレット
    様々な媒体から視聴可能です。
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

ゲキカラドウ 無料で動画を見る前に詳細情報を確認!

メインストーリー

飲料メーカーに勤める猿川健太は、
実力を認められ東京本社の
営業促進室に異動となるが、
初日から営業に行った
老舗酒店の店主を怒らせてしまう。

その夜、室長の谷岡らにより
猿川の歓迎会が開かれるが、
そこで出てきたのは驚くほどの激辛料理で…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(猿川健太)
桐山照史
(大河内友麻)
泉里香
(篠宮亮介)
中村嶺亜
(山崎裕也)
森田甘路
(秋山雅人)
前川泰之
(谷岡和彦)
平田満

ライターの作品コメント

辛い物を食べると何だか不思議な気持ちになるドラマでした。美味しいのを通り越して苦しいだけにも見えてしまいます。なぜ激辛に挑戦するのか?ほどほどの方が美味しいのにあえて辛い物を選んでしまう心理が付いていました。外を出れば分かると主人は言いましたが、店を出た瞬間、心地よい風が通り抜けます。幸せに感じることができるので辛い物を好んで食べているようです。辛いに一本足せば幸せになることから、辛いことの後は幸せが待っているよと言いたい気がします。激辛は味覚がマヒしてしまい味わうことができませんが、それでも幸せになる瞬間を味わうために辛い物に挑戦しています。サウナから出た後にも似ていて苦しさから脱出できた時に体が整い始めます。50代男性

うっかり寝る前に観てしまったらあまりの空腹に耐えきれなくなってしまう究極の飯テロドラマだと思いました。辛いもの好きな私からしたら毎回出てくる料理が至極の料理にしか見えなくて、実際に食べてみたいなと胸を弾ませていました。主演の桐山照史さんはお笑い担当の面白アイドルというイメージしかなかっただけに、こんなにもかっこよかったのかと気づかされて、そう意識した瞬間からドキドキが止まらなかったです。ありふれた社会人的スタイルがめちゃくちゃ似合っていたし、普段から鍛えているであろう程よい体つきが最高でした。オマケに、表情が豊かで可愛らしくて観ているだけでにんまりしてしまいました。ドラマ主題歌の「週刊うまくいく曜日」も凄く好きで流れる度にテンションが上がっています。
20代女性

ドラマ「ゲキカラドウ」は1話完結のストーリー構成となっており、主人公・猿川が激辛料理を通して仕事やプライベートで起こる困難を乗り越えていく人間成長ドラマだと思います。人間誰しもが経験し、乗り越えなければならない「人生の壁」。この人生の壁に主人公はぶち当たり、悩み、時には周りの仲間たちの協力でその壁を乗り越えていく…そんなストーリー展開が胸を熱くさせてくれます。また、脇を固めるキャラクターたちもとても個性的かつ魅力的で、特に主人公の上司・谷岡室長が私のお気に入りです。温厚で人当たりが良く、むしろ上司としては頼りなさげに見えますが、そこはゲキカラドウの創始者。主人公とその同僚たちに試練を与え、いかにその試練を乗り越えるかを遠くで見守る、まさに甘さと辛さを兼ね備えた魅力的なキャラクターで、ぜひとも自分の上司になってほしいくらいです(笑)。
40代男性

深夜に激辛料理を美味しそうに食べる猿川くんたちを観ているのは辛いけど、夢中になって食べる猿川くんの姿を観るのが、いつの間にか楽しみになって、このドラマにハマりました。毎回いろんな激辛料理があることを知れて面白いし、激辛を通していろいろと学ぶこともあるので、勉強にもなります。激辛料理とリンクさせたストーリーも面白くて、その中でも七話は、ちょっとセクシーで今までで一番面白い回でした。クールな大河内さんがお酒に酔って猿川くんに絡んだり、幽霊に間違われたりして、いつもとは違い色っぽくて可愛かったです。ロンロンの営業促進室にいる人たち皆、個性的で面白いので観ていて楽しいです。これからも、どんな激辛料理が出てくるのかとても楽しみです。
30代女性

“ゲキカラドウでしょう??。何でしょう?、エロカラドウって??。泉里香さんのセクシー・シーン、ちょっとビックリしました。しかし、ゲキカラによる大脳への刺激は、妄想力よりもちょっぴり締まったピリリ。甘い誘惑に対応するのにブレーキがかかっていたというのがゲキカラドウ…という事でしょうか。猿川健太(桐山照史)さんの拒絶は甘党ではない様子でしたが。でも、自宅で激辛料理なんて、相当仲良くないとできませんね。思わず、うわーって、やっちゃいますからね。その分飲むアルコールも増えて…。そのままにしておいていいのかどうか。気づかないフリというのもできるキャラでないと、おしゃべりな営業マンは難しいかもしれません。羨ましいですね。
40代男性”

第7話では猿川と友麻の人間関係がフューチャーされていて、今までの回とは違った要素があって見応えがありました。同僚の友麻は普段そっけない辛口な女性の印象が強いのですが、酔うと色っぽくてギャップを感じました。友麻が猿川にかなり密着していて、この先の展開がどうなるかドキドキしながら観ていました。今回ドラマに登場していたプデチゲは麺だけではなく、白滝を使っていたのが美味しそうで自分でも作って食べてみたいと思いました。今までは、猿川と友麻はただの同僚で仕事上だけの関係だったのが、今回一晩を共に過ごしたことでかなり距離が縮まったと思うので、次回以降二人がどのようになっていくのか楽しみになってきました。「ゲキガラドウ」ということで毎回登場する激辛料理も一つの見所ですが、変わりゆく職場の人間関係にも注目すると面白いと思います。10代女性

“同僚の当麻が行きたかったお店が臨時休業で、なぜか猿川の家でプデチゲ作って食べる展開になり、自分の家なのに当麻が仕切って猿川がこき使われている姿が笑えました。また、朝の占いで見た通りのおとめ座の当麻の誘惑にドキドキしたのも束の間、思わぬ邪魔が横から何度も入ってきて、極めつけは「幽霊だ」とごまかしてるのが無理がありすぎて面白かったです。また、簡単にお家で作れるプデチゲが辛そうでおいしそうなのはもちろんのこと、そこに卵を落とすところは絶対においしいだろうと画面に釘付けになり、胃袋わしづかみにされました。また、プデチゲの中に麺の代わりに「しらたき」を使おうという提案には斬新な意見で感心しました。機会があれば自分でも作ってみたいと興味を惹かれました。
30代女性”

“ドラマ「ゲキカラドウ」を観て、「激辛グルメ好きの美学」と「激辛グルメにヒントを得る猿川」が良かったと思いました。まず、激辛グルメ好きの美学についてです。このドラマでは、会社で営業として勤務する猿川の様子が描かれます。猿川と一緒に働く人々は、皆激辛グルメが好きですが、美容のためや女性をとりこにするためなど、激辛グルメ好きな理由はそれぞれ異なっています。人生観も透けて見えて来るような激辛グルメ好きの理由に、感心しながら観ていました。次に、激辛グルメにヒントを得る猿川についてです。猿川は、仕事で様々な壁に直面しますが、食わず嫌いではなくまずは向き合ってみるなど、激辛グルメから学びを得て仕事を成功させていきます。激辛グルメを成長に繋げていく猿川に尊敬の念を抱いて観ていました。
20代女性”

“今何かと流行りである「激辛料理」にスポット当てたドララという事で楽しみにしていましたが、グルメドラマという訳でもなく、あくまでメインは桐山さん演じる猿川が営業に奮闘するといストーリーであり、そこにゲキカラと、営業でやっていく難しさを上手く「辛み(辛さ)」に例えていて、今までにない内容で非常に面白かったです。出てくる料理も本格的で、特に猿川がゲキカラに挑むシーンには時間がかけられており、あえてセリフを入れなかっりして視聴者をうまく惹きつけていて見事だと思いました。それを食べている桐山さんも汗をかきながら苦しそうに食べていて、本当にゲキカラにして撮影しているのではないかと思わせるほど素晴らしい演技でした。
30代男性”


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました