ダイの大冒険 無料動画

アニメ

この動画を今すぐ

31日以内の解約なら無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

ダイの大冒険 動画を無料視聴できるサイトリンク

この作品は動画配信サービスを提供する
U-NEXT全話視聴可能です!

U-NEXTのここがおすすめ

  • U-NEXTに初回登録した方は、
    31日間月額料金がかかりません!
  • 初回登録の特典で、
    600円分のPointがゲットできます。
  • 21万タイトルの見放題作品
    を楽しめます。
  • Point利用でレンタル作品も観れます。
  • いつでも解約が可能です。
動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

ダイの大冒険 動画PV&公式YouTube動画

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」番宣30秒SPOT

ダイの大冒険 無料で動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

勇者と魔王にまつわる戦いのなかで
成長していく主人公・ダイたちが魅力的。

ダイの仲間だけでなく、敵である魔王軍にも
魅力あるキャラクターが多いのも本作の見どころ。

メインストーリー

アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」オープニング主題歌バージョンPV

勇者によって魔王・ハドラーが倒され幾星霜。

魔王から解放されたモンスターが暮らす
南海の孤島にたったひとり、
勇者に憧れる少年・ダイの姿があった。

しかし、魔王・ハドラーの復活により
彼の運命が一変。ダイの、
世界を救うための大冒険が幕を開ける。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(ダイ)
種崎敦美
(ポップ)
豊永利行
(マァム)
小松未可子
(レオナ)
早見沙織
(アバン)
櫻井孝宏
(ヒュンケル)
梶裕貴
(ブラス)
緒方賢一
(ゴメちゃん)
降幡愛
(ハドラー)
関智一
(クロコダイン)
前野智昭

<STAFF>

原作
三条陸
アニメーション制作
東映アニメーション
キャラクターデザイン
宮本絵美子
音楽
林ゆうき
総作画監督
宮本絵美子

©三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 ©SQUARE ENIX CO., LTD.

ライターの作品コメント

“マァムがハドラーにやられて、大ピンチの時に死んだと思われていたヒュンケルがマァムを抱えて現れるシーンがめちゃくちゃかっこ良かったです。さすが不死身の戦士だ!と改めて惚れなおしました。また、気を失っていたマァムがヒュンケルに気づいて抱きついたときに、ポップがあからさまにショックを受けてるのが面白かったです。ヒュンケルに嫉妬してるポップがわかりやすくて、マァムはポップとヒュンケルのどちらを選ぶのかと気になります。また、最初こそ敵だったクロコダインも、ダイ達だけでなくヒュンケルまで助けたり、どんどんいいキャラになってるのが嬉しいです。クロコダインの言うセリフも熱いものばかりで、どっしりとした存在感があってとても頼もしく感じて大好きです。
30代女性”


漫画と旧アニメの大ファンで、今作も大変楽しみにしていました。初回から今まで視聴した感想は、とても完成度の高い作品だと思いました。あえて原作の雰囲気を壊さず(それが古くさいという意見もあるでしょうが)、忠実に物語を進めているので、当時小学生だったアラフォー世代の心をがっちりと掴んだ良アニメだと思います。特に私の一押しのキャラクターは、魔法使いの「ポップ」です。この作品は主人公・ダイの勇者としての成長を描いた物語であると同時に、もう一つの物語としてポップの成長があります。最初はモンスター相手にビビッて仲間を見捨てて逃げ出してしまうポップですが、ダイ達と旅をしていくうちに人間として一回りも二回りも成長し、とても魅力的でカッコイイキャラクターになります。この最初の頃と後半のギャップがもうたまりません!大魔王バーンとの最終決戦まで、ぜひぜひ放送してほしいです!40代男性


“昔みたことのあるダイの大冒険、ドラクエが大好きだったので音楽だけでぞわぞわした覚えがあるマンガです。それが新しくアニメ化されるということで楽しみにしていました、内容はあまり覚えていなかったのですが見ているうちに少しずつなつかしさがよぎりました。リメイクということで声優さんも変わっていますが、私的には違和感なく見れました。ただひとつ残念だったのはBGMなどの音楽でしょうか、あとはドラクエのモンスターが新しくなっていたり絵は昔のままのような感じをうけましたが、さすが令和の大冒険ですね、立体的なモンスターには驚きました。ダイは相変わらずさわやかな笑顔でうれしかった、当時見ていた子供は大人になり厳しい目線でチェックがはいるだろうが、子供と一緒にダイを応援しながらみていました。
30代男性”


初代のアニメは私が小学校に上がる前だったと思いますが、何よりも懐かしさが勝っています。特に気に入っているのはメラミやベギラマなどの攻撃呪文などがよりきれいなアニメーションになっていることだと思います。最近の放送であった、ヒュンケルやクロコダインが敵だったのが味方となり、ダイ達のピンチを救ってくれるところは非常に気に入っているシーンです。また、今のことろダメダメなポップがどんどん成長していく姿が早く見たいと思います。メラゾーマ5つのフィンガー・フレア・ボムズやメドローア、トベルーラ、リリルーラなど、ゲームとしてのドラゴンクエストでは使用できない呪文は、当時の憧れであったし、早くアニメで見たいと思います。30代男性


“今回改めてアニメ化したダイの大冒険ですが、昔の記憶が蘇ってきて本当に良いですね。はじめは島のモンスターとしか交流していなかったダイが、アバン先生の指導、徐々に仲間との交流で成長していく姿がとても良く、このアニメでも描かれています。仲間のポップもはじめはすごい臆病なキャラなんですが、彼も、ダイの成長にひきずられる形でドンドン成長していくのですが、そのあたりも上手に描かれているなと思っています。敵キャラクターに魅力的なキャラが多いのも良いですよね。魔王軍百獣魔団団長のクロコダイン…ただの悪役ではなく、ダイ達とも正々堂々と戦う姿…このあたりも、原作の良さを今作のアニメでは最大限に引き出されているなと感じています!
30代男性”


旧作放送の頃よりもずっと上がったアニメーションギ技術により、モンスターたちがいきいきと動くことが確認出来た第一話の作り込みがすばらしく良かったです。人間、モンスター問わず発動される攻撃魔法のエフェクトが綺麗なもので、戦闘シーンに迫力が出てよかったです。魔王ハドラーを関智一さんが演じたことで、男らしさと凶悪さが原作マンガ以上に伝わるものになっていました。役者の芝居も大変よいものだと思えました。少年ダイを女性声優の種崎敦美さんが演じる点が新鮮でした。それまでに見たことのない少年らしい種崎敦美さんの演技も素晴らしくマッチしていてよかったです。作画もシナリオも好きですが、それをもっとよく見せる役者陣の芝居にも光るものをたくさん感じれる良作になっていました。30代男性


主人公ダイが、手順を飛ばすことなく、ただの少年から修行を重ねて着実に強くなっていく成長の物語に真実性があると思います。主人公がパワーアップするのは当然のこととして、ダイの物語に同行するポップもまた着実に強く成長していく過程が見られるのがよいです。弱虫だった過去の自分から決別し、死を覚悟してダイやマアムを救いに出たクロコダイン戦でのポップの活躍には感動出来ました。敵の戦士だったクロコダインが、弱いばかりと思っていた人間の心の強さを知って憧れと尊敬の念を示すという展開にはドラマを感じました。鎧と剣が一体化している特殊な装備を持つヒュンケルの存在も光るものがありました。武器、技のアイデア性、格好良さも目立つ良質ファンタジーでとても好きになるものでした。30代男性


“アマゾンプライムでアニメを検索して懐かしの「ダイの大冒険」をみつけました。小学生の時に、少年ジャンプで見たり、一時期にテレビ放映されていたのを思い出し、懐かしさから見てみると、昔と全然違うアニメがありました。ダイの大冒険の2020年版でした。視聴してみると画像がとてもきれいで、昔とは全然違う迫力があり、大人になった今でも楽しめる作品となっていました。好きなシーンはクロコダイルとダイの一騎打ちの場面です。ポップやマームなども、もちろん活躍していますが、やはり主役の勇者の活躍は心にしびれるものがあります。昔の作品に比べて、配信がまだ少ないですが、毎週の楽しみが増えたのでとても楽しいです。途中で終わることなく、最後まで放映してほしいと願います。
40代 男性”


“中学、高校時代によく見たアニメです。とても懐かしい気分で見ました。アニメは、2020年版ということで、とても絵がきれいで、20年前のアニメにも関わらず古さを全く感じませんでした。いろんな場面がありますが、なんだかんだで一番好きなのは一話目のニセ勇者登場の場面です。卑怯なニセ勇者が登場して、ニセ勇者が卑怯なことをして、まだ弱い未来の勇者が仲間と協力して卑怯なニセ勇者を倒す。そして、偉い大さまがそれを見て、自身の落ち度をみとめ、弱い勇者に謝罪をする。短時間に嫌な振りがあって、スカッとするエピソードもあってと、非常に気持ちが良い第1話でした。キャラクターとしては、アバン先生が大好きです。優しさと強さを兼ね備えた素晴らしい人格者。あこがれの存在です。
40代女性”


“中学、高校のころ好きで漫画本を読んでいました。レンタルビデオでアニメも何度か見ています。久しぶりに見ましたが2020年版ということで、とても絵がきれいで古さは全くありませんでした。このアニメで、アバン先生からの言葉で今でも心に残るシーンがあります。ダイが大地斬を習得した際に言った「人間むちゃくちゃつかれていると、一番楽な動作をしようとする。」あがり症でいざというとき力んで力を出し切れなかった私。この言葉を聞き、力を抜くということを考りようになり、部活でも結果を残せるようになりました。今回のアニメ(2020)ではエピソード3だったと思います。人として成長するきっかけを与えてくれる素晴らしいアニメです。
40代男性”


“勇者ダイのまっすぐな正義の心がいいですね。子供の素直な気持ちがあらわれていると思います。仲間の魔法使いポップが始めは危なくなったら逃げるのに対し、「また逃げた。」と怒ることなく言えるのがすごい。仲間の金のスライム、ゴメちゃんもかわいいだけでなくダイがピンチになれば自分よりも大きい敵(ほとんどですが)に立ち向かって
行く姿がかっこかわいいです。このアニメには、勇気のあり方がたくさん描かれています。敵だったくろこだいクロコダインやヒュンケルも、あやまりを認めればすんなりと仲間に迎えるダイは、まぶしいです。一番心に残ったのは、逃げ出したポップに落ちぶれた魔法使いが言う「相手によって態度を変えるの本当の勇気ではない。」という言葉です。心に響くセリフがたくさんでてくるアニメです。
40代女性”


昔からある名作が今のアニメのグラフィックでお手軽に見られることが素晴らしいと思います。私のような若い世代はドラゴンクエストにハマり、ダイの大冒険という作品を見たいとなっても、以前放送されていたダイの大冒険を見る機会はなく、うらやましいと考えてました。またグラフィックや音声が綺麗になった現代で、アニメに触れる機会があまりない人が約20年前の作品を見るのは抵抗を覚える人も多いはず。その二つを解消してくれたのが、今回放送されている「ダイの大冒険2020」といえ、ドラクエ好きの若い世代にはたまらないといえる。ドラクエウォークとのコラボもあるため、バラン戦で終わることなく漫画の最終話の内容までアニメでやってくれることを期待したい。20代男性


“ドラゴンクエストの世界観を背景に少年漫画で人気だったダイの大冒険がアニメ化して戻ってきました。当時を懐かしく思いながら見ていて、アニメの第一印象はとにかく絵がキレイで登場人物がヌルヌル動いていて驚きました。この作品では冒険を通して主人公達が困難に立ち向かい乗り越えていく、見ていて思わずこちらも熱くなるような展開が随所にあります。魅力的な登場人物はたくさんいるのですが、個人的にはポップという人物が好きで、普段は臆病で情けなく少しスケベなところがありますが、仲間のピンチには勇気と知恵を振り絞って獣王に挑んでいくシーンがとても好きです。王道中の王道、見ていると忘れていた少年の心を思い出すような作品「ダイの大冒険2020」オススメです。
30代男性”


自分が子供の時に見ていた作品を自分の子どもと一緒に見ることができる点が良いと思っている。「ここはこうだよ」とか「この場面ではこういうことを言いたいんだよ」など作品の細部まで自分が理解しているからこそ伝えることができるコメントがあり一緒に楽しむことができている。他のゲーム(ドラゴンクエストビルダーズ)などで子供がドラクエに関しての知識を有しているのでそれをアニメで見るのが面白いようである。また、当時と比べ映像が非常にきれいになっており当時とは違った観点で自分も楽しむことができている。土曜の九時半という時間帯なので仕事が休みで子供と一緒に視聴できるという点もよい。私たちの世代で子育てをしている父親たちは私と同じような感想を持っている人が多いのではないだろうか。30代男性


本ページの情報は
2021年2月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました